メニュー 閉じる

おんがく交差点 vol.220 錦織健さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.06.27(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第220回ゲストはテノール歌手、錦織健さん。
 オペラの主役、またバロックからロックまで幅広いレパートリーでのコンサートなどで大活躍されています。
 音楽での原点は、ナント!ロックバンド。これは業界でも有名な話です。そして将棋も強くて、「逃げてチャンスを見逃すこと」を学ばれた?そうです。
 今回はまずギターを弾きながらドニゼッティのオペラアリアを歌われます。
 小径は、錦織さんが以前よく歌っていらしたアグスティン・ララ作曲「グラナダ 」をヴァイオリンで。
 コラボは伝説のロックバンド〈クィーン〉の名曲をメドレーで。「We will Rock you~伝説のチャンピオン」かっこいい曲でピアノの佐藤卓史さん共々ノリノリです!
 ぜひテレビの前で、みなさまもご一緒にハジケテくださいね。

おんがく交差点 vol.219 コラボレーション名曲集第19弾

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.06.20(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第217回はコラボレーション名曲集第19弾!
 今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
 ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

バンジョー; 青木研さん
「フォスターメドレー」
「懐かしきケンタッキーの我が家」
「草競馬」

カリビアンフルート; 赤木りえさん
「ラ・ベジャ・クバーナ」 ホセ・ホワイト

ガドゥルカ; ヨルダン・マルコフさん
「プラヴォ ホロ」ブルガリア民謡

どうぞご覧ください🎻

おんがく交差点 vol.218 大西匡哉さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.06.13(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第218回ゲストは、ンゴマ奏者の大西匡哉さん。
 まず、私は不勉強で〈ンゴマ〉という楽器を知らなくて、なかなか〈ン〉から始まる言葉がないので「何だろう?」と思っていました。ケニアの伝統的な打楽器なんですね。〈ンゴマ〉とはスワヒリ語で、『太鼓』や『音楽』を意味するんですね。
 民族楽器を究める方の情熱はハンパではありません。この番組に出演させていただいてから、こういうすばらしい方と出会えて、いつもそのお話を伺うと驚嘆します。

 大西さんはケニアのドゥルマ民族の村に乗り込み、長老に弟子入りして8年間修業され、5つの太鼓を叩きながら歌う伝統音楽の継承者に認められました。
 民族的なお衣裳、大きな羽を背負って〈これぞ音楽!〉体から湧き出るようなリズムの音楽にコラボさせていただきました。

 小径はアフリカ…ということでマイアベーア作曲 オペラ〈アフリカの女〉より「子守歌」
 コラボは[命の大切さ]を歌う大西さんのオリジナル曲、「Mali ya Mungu~すべての命はたからもの~」作詞・作曲: 大西匡哉、編曲: 萩森英明、そしてピアノはどのジャンルの作品も的確に弾いてくださる、佐藤卓史さんです。
みなさま、どうぞお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.217 新井鷗子さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.06.06(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第217回ゲストは音楽構成作家、新井鷗子さんです。
 コンサートやテレビやラジオなどの音楽番組で、テーマに沿って曲目を選んだり、またその演奏順も考え、トークの内容を台本にされています。幅広い知識をもとにみんなが感動するような構成をいつも考案されます。
 このたび4月から「横浜みなとみらいホール」の館長にも就任されました。
 高校生まではピアニストを目指していらっしゃいましたが、東京芸大時代から方向転換され「クラシックに親しみが持てるように」と活動されてきました。これはまさに私も大切にしてきた活動とも重なることで、お話もはずみました。
 誰でも音楽を楽しめるように新井さんが開発された[魔法のピアノ]指1本で「誰でもピアニスト」に!
 今回はコラボを2曲。
 1曲目: バッハ/グノー “アヴェ・マリア”
 2曲目: 横浜みなとみらいホール館長さんご就任にあわせて、〈横浜メドレー〉~童謡「赤い靴」…私は赤い靴を履いて演奏しています!~荒井由実「海を見ていた午後」~ゆず「桜木町」~
 新型コロナウィルスの影響で制限の多い日々、横浜にも行きにくいですが、音で横浜を楽しんでくださいね🎵

おんがく交差点 vol.216 コラボレーション名曲集第18弾

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.05.30(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第216回はコラボレーション名曲集第18弾!
 今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
 ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

チェロ; 遠藤真理さん
「ウィーン小行進曲」フリッツ・クライスラー

ハンマーダルシマー; MiMiさん
「私のお気に入り」
「サウンド・オブ・ミュージック」より
編曲 森川拓哉

ピアノデュオ; レ・フレール
「For Kids’」作曲 斎藤圭土, 編曲 レ・フレール

どうぞご覧ください🎻

おんがく交差点 vol.215 オクサーナ・ステパニュックさん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.05.23(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第215回ゲストはコロラトゥーラ・バンドゥーラ奏者  オクサーナ・ステパニュックさん。

 ウクライナの民族楽器バンドゥーラは弦が63本もあります!私はここ5年くらい、キエフ国立フィルとの共演機会があり、現地に毎年伺っています。美しい街中でも演奏が聞こえてきたり、音楽大学に伺ったらバンドゥーラ科からすばらしい演奏が!

 オクサーナさんはこのバンドゥーラももちろん演奏されますが、ソプラノ歌手、それもコロラトゥーラ。華やかにコロコロと!? 声をまわすような装飾音で超絶的に響き渡る高音が魅力です。またなんと12ケ国語で歌えるんですよ。

 美しい方が美しい民族衣裳で、みとれますよ。私はウクライナに敬意を表して…ウクライナの国旗の色を使ったドレスを着ています。

 小径はウクライナのミコラ・リセンコ作曲「セカンド・ラプソディ」(採譜アレンジ: 大沼 弘基)華麗なピアノは佐藤卓史さん。

 コラボはこれもウクライナのクロピヴニツキー「うぐいす」 みなさまぜひお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.214 鈴木優人さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.05.16(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第214回ゲストはマルチ音楽家・チェンバロ奏者 、鈴木優人さん。
 チェンバロ、ピアノ、指揮者(お父上、鈴木雅明さん創設のバッハ・コレギウム・ジャパンの首席指揮者、またこの4月から読売日本交響楽団指揮者、クリエイティヴ・パートナー)超マルチな活動をしている鈴木優人さんは、クラシック界のサラブレッド。マルチなお手本はバッハ。鈴木さんの、謎の恩師?のお話もユニークです。こういうまわりの方の影響もあって、鈴木さんのような音楽家が生まれたのですね。
 今回はチェンバロとピアノ両方で2曲コラボとなりました。ピアノでのコラボは鈴木さんが編纂された美しい歌曲を選ばせていただきました。

〈チェンバロ〉
ハイドン作曲 ヴァイオリン協奏曲第1番 第1楽章

〈ピアノ〉
ブラームス作曲 美しきマゲローネの物語より第4曲「愛ははるかな国から」

みなさま、ぜひお楽しみくださいね。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅待機を余儀なくされている方々や引き続き仕事に従事されている方々への「感謝」の気持ちを込めた大谷康子理事長からのメッセージ動画<第3弾 石神井公園ふるさと文化館編>を公開しました。

おんがく交差点 vol.213 大井貴司さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.05.09(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第213回ゲストはヴィブラフォン奏者、大井貴司さん。
 大井さんと言えば「ルパン三世」の演奏で有名です。ジャズ・ヴィブラフォンの第一人者。
 アルミ合金で作られたヴィブラフォンの鍵盤は木製のマリンバとは違って音色に秘密があるのです。打楽器の中で唯一、ビブラートがかけられます。企業秘密は楽器の裏!
 色々なお話が伺えますが、クラリネットの北村英治さんのおかげでピアノのジョン・ルイスと共演、これがきっかけで本場アメリカのジャズ・フェスティバルで演奏されました。
 小径は、放送日の翌日が「母の日」なので世の中のおかあさまに届くように、また優しかった私の母にも届きますように…ドヴォルザーク/クライスラー「我が母の教え給いし歌」すてきなピアノは佐藤卓史さん。
 そしてコラボは大野雄二作曲、大井貴司/萩森英明編曲「ルパン三世’80」楽しいピアノは田窪寛之さんです。私は不二子ちゃんになりきってスウィングしますよ。どうぞお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.212 常味裕司さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.05.02(土)
朝 8:00~


㊗️春風亭小朝 師匠 が紫綬褒章を受章されました‼️おめでとうございます🎉


 おんがく交差点第212回ゲストはウード奏者、常味裕司さん。
 ウードは、パッと見ると「日本の琵琶に似ている!」と思われるでしょう。ペルシャ発祥で琵琶やリュートのルーツ。[アラブ楽器の王様]と呼ばれています。フレットは無くて、バチは元々〈鳥の羽根〉でしたが、今は生活の中で身近にあるもの?を使っていらっしゃいますよ?さて、なんでしょうね。
 お話中、〈アラブのタラブ〉という言葉をお話くださいました。大変興味深い内容です。必聴!アラビアンな作品を集めました。
 小径はファジル・サイ作曲「クレオパトラ」コラボはムアッシャハー(宮廷歌曲)「ダーリジ・ヒジャーズ」萩森英明編曲でお楽しみください。

おんがく交差点 vol.211 岩崎宏美さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.04.25(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第211回ゲストは歌手 岩崎宏美さん。
よく伸びる美しい歌声、抜群の表現力で私たちを感動させてくださっています。今年4月25日 ちょうどデビュー45周年㊗(なんと! 私も同じ45周年です。)
 以前から宏美さんは、キンキンしなくて中低音が充実した深みのあるお声だなあ…と感じていました。デビュー当時にヒットメーカーの筒美京平さんがすでにおっしゃっていたそうです。詳しいお話も伺えますよ。
 小径は、宏美さんが番組ゲストコーナーで歌ってくださった大ヒット曲「聖母たちのララバイ」に合わせてフェラーリ作曲「聖母の宝石」
 コラボはさだまさし作曲 萩森英明編曲 「残したい花について」 とても大切にしていらっしゃるこの曲は、宏美さんが 生き神様のように思っている 〈マサシ〉に「百恵ちゃんには〈秋桜〉があるのに私にはない!」と話してできたとか?私もピアノの佐藤卓史さんも心を打たれながら演奏しました。みなさまにもその気持ちはお伝えできると思います。ぜひ聴いてくださいね。