メニュー 閉じる

おんがく交差点 vol.236回 柏木広樹さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.10.17(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第236回ゲストはチェリスト柏木広樹さん。
 東京芸大在学中にバンド「G-クレフ」のメンバーとしてデビューされました。このバンドのヴァイオリン落合徹也さんが芸大附属音楽高校時代、私の生徒さんでしたから、柏木さんのことも注目していました。
 こどもの頃、お母様のピアノレッスンから逃げるためにチェロを始めたら、その音色にハマった!
 色々な活動を通じて[チェロで歌う]ことに目覚めたそうです。私のこともみなさんが[歌うヴァイオリン]とおっしゃってくださいますので、[歌う]同士のコラボとなりました。
 小径は柏木さんも音楽を手がけられた映画から「冷静と情熱のあいだ」 葉加瀬太郎作曲、堀越隆一編曲をどのジャンルの作品も楽しく演奏される榎本潤さんのピアノで。
 コラボは柏木広樹作曲「TODAY for TOMORROW」編曲とピアノは芸大時代から柏木さんが信頼するお仲間、光田健一さん。
 ぜひご覧くださいね。

10月13日 22年めの静岡 体文協 コンサート始まる!

 10月13日 静岡の体文協の佐野さんから22年前によんでいただいて、その後毎年毎年お招きを受けて、今年まで続いてきました。すごいこと。ありがたいです。
 その間、会員の方々が本気で音楽を好き❤️になられて、静岡以外のコンサートにも、ある時は札幌、ある時は軽井沢、またサントリーホール!と聴きにいらしてくださっています。
 今年はコロナ禍で心配しましたが、万全の態勢で開催してくださいました。まず今日は初日。ピアノの冨永愛子さんとブラームスやクララ・シューマンなどを演奏しました。終演後、ドレスから普通のお洋服に着替えてパチリ。いつも凛と、素敵な佐野桐子さんとも。マスクは毎年お世話になっている松尾さんのお手製。今日の洋服にぴったりの色合いで感激!
 今日は島田市でしたが、明後日は浜松。28日は静岡市ですよ。お時間よろしければいらしてくださいね。

おんがく交差点 vol.235回 コロンえりかさん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.10.10(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第235回ゲストはソプラノ歌手、コロンえりかさん。ベネズエラ駐日大使夫人でもいらっしゃいます。南米ベネズエラ生まれ、お父様はベルギー作曲家、お母様は日本人声楽家。
 阪神大震災に15歳で遭遇され、「グレゴリオ聖歌」に涙して「音楽に仕えたい」と思われたそうです。その後ご両親には内緒でイギリスの音楽院にはいっちゃった!?
 ベネズエラといえば音楽教育で社会変革を目指した〈エル・システマ〉が浸透している音楽大国です。次々と世界で活躍する音楽家が育ち、子どもたちの状況も好転しました。まさに私がデビューの頃(45年前)から伝え続けている〈音楽のちから〉は大きい!
 今回、えりかさんのソロは上皇后美智子さまが英訳された歌を手話による「手歌」を交えて歌われますよ。上皇后美智子さまのピアノ演奏でのワークショップに参加させていただいている私もえりかさんとよくご一緒します。
 小径はベネズエラの作曲家ホセ・マンソ・ペローニ作曲「コーヒー・ルンバ」
 コラボはえりかさんのお父様エリック・コロン作曲 萩森 英明編曲 「 被爆のマリアに捧ぐアヴェマリア」平和への祈りの歌を榎本 潤さんの美しいピアノでお聴きくださいね。

おんがく交差点 vol.234 清水真弓さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.10.03(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第234回ゲストはトロンボーン奏者、清水真弓さん。 現在南西ドイツ放送交響楽団で首席トロンボーン奏者を務めていらっしゃいます。
 小学5年生の時、「体が大きい」からという理由で、トランペットからトロンボーンに転向。でも音楽が仕事になる…とは思っていなかったそうです。
 その後慶応義塾大学理工学部に進学され、大学の学生オーケストラで有名なワグネル・ソサィエティー・オーケストラでも演奏されていました。大学院に進学されていましたが、トロンボーンでの「ウィーンお試し留学」で、運命が変わりました!  良い演奏に大切なことを話してくださいました。これは、どの楽器にも当てはまります。ぜひ聞いてくださいね。
 清水さんのソロ曲の作曲家デュファイは、編曲家としても活躍した方ですから、私の小径は、そのデュファイが編曲した作品にしました。 Pizzicati-Pizzicato エミール・スターン作曲、J.M.デュファイ編曲
 コラボはサラ・ブライトマンが歌って大ヒットした名曲です。
 Time To Say Goodbye フランチェスコ・サルトーリ作曲、萩森英明編曲 マルチな山田武彦さんの素敵なピアノで聴いてくださいね。

おんがく交差点 vol.233 由紀さおりさん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.09.26(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第233回ゲストは歌手、由紀さおりさん。美しいお声、姿、またコミカルな演技も。
 大ヒット曲をたくさんお持ちの上、お姉さまとのコンサートやなんでもすばらしくできる方ですよね。
 昨年デビュー50年記念コンサートを各地で開かれ、今51年め!また日本舞踊と三味線に再挑戦中だそうです。デビュー間もない頃のお話や、新たな名曲、聞きどころ満載です。
 小径は由紀さおりさんの大ヒット曲にちなんで「愛の手紙」カール・ミヒャエル・ツィーラー作曲。榎本潤さんの自由自在でチャーミングなピアノと聴いてください。
 コラボは由紀さおりさんが今残したい大切な曲、アンジェラ・アキ作詞・作曲 「あなたにとって」萩森英明さんの番組特別アレンジ、センス光る川口大輔さんのピアノでお聴きくださいね。

おんがく交差点 vol.232 神保彰さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.09.19(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第232回ゲストはドラマーで〈ドラムの神〉と称えられている神保彰さん。
 バンド「カシオペア」でデビューされ、そのすばらしさに〈神〉と崇められていらっしゃいます。
 メロディーもアンサンブルも1人で叩き奏でる”ワンマンオーケストラ”を考案されていて、今回披露してくださいますよ。それも、今年生誕250年のベートーベンの作品!
 小径は映画「タイタニック」より「My heart will go on」榎本潤さんのピアノでしっとり聴いてください。
 コラボは放送日の9月19日が世界海賊口調日なので[海賊の日]にちなんで映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」より「彼こそが海賊」萩森英明編曲、番組特別バージョンでお楽しみくださいね。ノリノリ海賊です!

おんがく交差点 vol.231 向山佳絵子さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.09.12(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第231回ゲストはチェリスト向山佳絵子さん。
 NHK交響楽団で女性初の首席チェロ奏者を務められました。こどもの頃から「N響狙い」だったそうです。私には意外でした。
 スケールの大きい、表現力豊かな演奏で、ソリストと思っていたら「ソリスト」とは呼ばれたくない!とのこと。たしかに小さい頃からアンサンブルが大好きでいらしたからですね。
 ご主人もN響の首席チェロ、芸術家ご夫妻でしかも同じ楽器、同じポジション!家庭内事情もお話に垣間見えますよ。自然にご主人を立てて、家庭のこともきちんとされて、さすがです。ご子息もチェロです。
 小朝師匠が、チェロに〈光りもの〉がたくさんついているのを発見。ご本人曰く、〈光りものの向山〉だそうですよ。
 小径は、向山さんのソロ曲ヴィラ=ロボスに私も合わせて、ヴィラ=ロボス作曲ソナタ・ファンタジア第2番 第1楽章
 コラボはピアノの山田武彦さんと3人でショスタコーヴィチ作曲ピアノ三重奏曲 第2番 第2楽章
 ぜひお楽しみください!

おんがく交差点 vol.230

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.09.05(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第230回ゲストはタンゴの歌姫、冴木杏奈さん。
 タンゴの本場、アルゼンチンで「タンゴに貢献した20人」に、外国人として初めて受賞された方です!
 ピアソラの日本公演を観て衝撃を受けられ、自分のタンゴを作りたいと思われたそうですよ。タンゴの最高峰の詩人と言われるフェレールに「アンナの声は香水のようだ」と絶賛されるなんて、最高の誉め言葉ですね。素敵。今大切に取り組んでいらっしゃることなど、貴重なお話も伺えますよ。
 小径は杏奈さんのタンゴに合わせて、ラパルスリー作曲/山田武彦編曲「私の心はヴァイオリン」
 コラボはフェレール作詞、ピアソラ作曲/萩森英明編曲「Yo Soy Maria/私はマリア」山田武彦さんの素敵なピアノとともにお楽しみくださいね。