メニュー 閉じる

7月13日 大垣市スイトピアセンター プライムコンサートvol.3 大谷康子&中野翔太デュオ・リサイタル

7月13日は岐阜県大垣市のスイトピアセンター音楽堂で中野翔太さんとコンサートをさせていただきました。 昨年も弾かせていただいて、鈴木隆雄さまはじめスタッフの方々の熱意のあるお気持ちに感激しました。着いたら今年もすぐに じ~~~んとくることが!
私と中野さんの等身大パネル!しかもその下に、昨年出版となった私の本「ヴァイオリ二スト 今日も走る!」(KADOKAWA)から要点を抜き出して①②③と箇条書きにまとめて書いてくださっています!びっくり。チケットの出張販売の時にも、このパネルで広めてくださっていたんですって!ありがたいです。

楽屋には大垣のおいしい特産品が、全国シェア8割以上の[枡]とともに美しく飾られて田中屋の”お煎餅”や”水まんじゅう”、”みずのいろ”などなど、いただいてしまうのがもったいないくらい。温かいおもてなしに、やる気倍増。
ホールがまたすばらしい響きなので気持ちよく音が伸びていってピアノの中野さんとの初デュオも
気持ちいいこと!譜めくりもばっちりしていただきました。
たくさん用意した曲もあっという間にアンコール。客席の中で、お客様のすぐ側で演奏を聴いていただきながら、「こんなに喜んで聴いていただけて私はなんてしあわせなんだろう。」と思いました。
サイン会のあと、音楽大好きな鈴木さんや今年初めて担当して下さった村田さん、ステージマネジャー、照明、音響の方々と記念にパチリ。今年初めての小藪さんもありがとうございました。
帰りに、教えていただいた masu caffe に寄りました。枡をおしゃれに使うアイディア。こういう頭の柔らかさが大切!音楽活動にも参考にさせていただきます。
みなさまありがとうございました!

おんがく交差点 vol.171 徳永兄弟

 ♪おんがく交差点♪
!毎週土曜日 朝8時!

おんがく交差点
BSテレ東(BSジャパン)
2019.07.20(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第171回ゲストは[フラメンコギターデュオ]徳永兄弟。
 お兄さんは健太郎さん。弟さんは康次郎さん。フラメンコ一家のサラブレッド兄弟です。お父様がフラメンコギタリスト、お母様がフラメンコダンサー!
 中学卒業後、お2人とも本場スペインで修行され、フラメンコ独特の華麗なテクニックも学ばれました。性格は正反対のご兄弟ですが、演奏の息はぴったり!2人で1つのギターを弾く〈二人羽織〉も披露してくださいましたよ。
 私の〈小径〉はスペインにちなみ、サラサーテ作曲「アンダルシアのロマンス」スペイン情緒溢れるピアノは佐藤卓史さん。
 コラボは徳永兄弟作曲のオリジナル曲「REENCUENTRO/再会」森川拓哉さんの素敵な編曲でお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.170 森麻季さん

 ♪おんがく交差点♪
!毎週土曜日 朝8時!

おんがく交差点
BSテレ東(BSジャパン)
2019.07.13(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第170回ゲストはソプラノ森麻季さん。
 とびっきりおきれいなうえに、声が澄み渡る美しさ。色々なところで、日本の代表として国歌も! アメリカの国歌と「君が代」を両方歌われたときのお話も、なかなか興味深いものですよ。
 小朝師匠が、森さんに「次はきっと来年のオリンピックですよ。」と大胆予想していらっしゃいました。楽しみですね。
 森さんがドラマ「坂の上の雲」から小山薫堂さん作詞、久石譲さん作曲、秋山しげるさん編曲の「Stand Alone」を歌われましたので、この秋山好古、真之兄弟の話に合わせて、私の小径はロシアの作曲家チャイコフスキーの「瞑想曲 〜なつかしい土地の思い出より〜」です。先日5月のゴランさんとの全国ツアー、松山の坂の上の雲ミュージアムでも感激しました。思い出して演奏しています。
 コラボもじーんとくる「アメイジング・グレイス」です。すばらしいピアノは佐藤卓史さんです。みなさま、ぜひお聴きくださいね。

6月28日 3つの夢コンサート 〜春風亭小朝師匠+村治佳織さん+大谷康子〜

6月28日はティアラ江東で3つの夢コンサートに出演させていただきました。ティアラ江東は久しぶりでしたが、まわりに緑が多くて環境がいいですね。
師匠は前日も完売の新橋演舞場で独演会。「算段の平兵衛」「井戸の茶碗」や小噺もあって、心にしみじみと、また大いに笑わせていただいたり、歌がものすごく上手で「やっぱりすばらしいなあ!」と感激したばかり。3つの夢では、入念な取材をなさっての、「越路吹雪物語」。お客様が感動していらっしゃいました。 
そして村治佳織さんの登場。ほんとに綺麗。美しい方です。おんがく交差点にも出て下さいましたが、いつも楚々として落ち着いていらして、素敵! 私はうれしいと、すぐはしゃぎまわるので、あとで考えるとはずかしくなってしまいます…。美しい演奏のあと、私。ピアノの冨永愛子さんと弾けさせて!!いただきました。あ〜楽しかった。みなさまありがとうございました。

7月1日 ラジオ日本 ぜひお聞きください!

7月1日 ラジオ日本 AM 1422KHz/radiko
全国 24時〜24時30分

[横浜ユーポスRADIO+!]
色々お話させていただいています。途中ちょっと弾きます! 先日の収録、楽しかったです💕お話するの、大好き😘

アナウンサーの鈴木梢さん、松崎旭さん、坂東弘樹社長さんが上手に話を引き出してくださって、楽しくて調子に乗って つい喋りすぎたかな?
大本プロデューサーもご一緒に記念写真。よい機会をありがとうございました!

おんがく交差点 vol.169 半崎美子さん

 ♪おんがく交差点♪
!毎週土曜日 朝8時!

おんがく交差点
BSテレ東(BSジャパン)
2019.07.06(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第169回ゲストは〈ショッピングモールの歌姫〉半崎美子さん。
 北海道ご出身で、上京後17年も1人で活動されショッピングモールでライブを続けたそうです。今ではモールに行くだけで責任者も見当がつくそうです?!その後日本有線大賞新人賞に選ばれシンガーソングライターとして大活躍。
 小径は半崎さんのご出身北海道にちなんで、さだまさしさんの「北の国から」
 コラボは半崎さんの代表曲を番組特別バージョンで。半崎美子作曲「サクラ~卒業できなかった君へ~」村田陽一さんが番組用に編曲してくださいました。佐藤卓史さんの素敵なピアノとお届けします。どうぞお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.168 吉井瑞穂さん

 ♪おんがく交差点♪
!毎週土曜日 朝8時!

おんがく交差点
BSテレ東(BSジャパン)
2019.06.29(土)
朝 8:00~

おんがく交差点第168回ゲストはオーボエ奏者、吉井瑞穂さん。

ヨーロッパの名だたる一流オーケストラで活躍され、2000年からはドイツ・ベルリンの「マーラー室内管弦楽団」で首席オーボエとしても活躍されています。私もパリで、吉井さんの堂々とのびやかに歌っていらっしゃるマーラーを聴かせていただいて感動しました。

番組中ではオーボエを始められたきっかけや、オーボエに大切な葦の板〈リード〉、またスランプ?など意外なお話も伺えます。

小径はエンニオ・モリコーネの「ニュー・シネマ・パラダイス」

コラボはバッハ「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調より第一楽章」です。佐藤卓史さんのピアノと共にお楽しみください。

スケジュール更新

コンサートなどのスケジュールを、公式ホームページのスケジュール欄に少し追加掲載させていただきました。
これから随時更新してまいりますが 様々な内容のコンサートがございますのでご覧ください。
すでに[残席僅少]のものは申し訳ございませんがお急ぎください。よろしくお願い申し上げます。

おんがく交差点 vol.167 サキタハジメさん

 ♪おんがく交差点♪
!毎週土曜日 朝8時!

おんがく交差点
BSテレ東(BSジャパン)
2019.06.22(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第167回ゲストはミュージカルソー奏者、サキタハジメさん。
 ミュージカルソー! のこぎりから美しい音が出るんです。私は以前何回もオーケストラの中から、この世のもの?という雰囲気の魅惑的な音が聞こえてきて、それが〈のこぎり〉でしたので、今回のコラボを楽しみにしていました。始められたきっかけや〈貧乏ゆすり〉が役立つお話など、興味深い内容です。
 小径はホフシュテッター作曲「ハイドンのセレナーデ」ヴァイオリンの音をシンプルにお楽しみいただけます。ミュージカルソーの音色とも聴き比べてください。
 コラボはサキタハジメさん作曲「光のさす方へ」山中惇史さんの編曲  ピアノも素敵です。 ぜひご覧くださいね。

おんがく交差点 Vol.166 牛田智大さん

 ♪おんがく交差点♪
!毎週土曜日 朝8時!

おんがく交差点
BSテレ東(BSジャパン)
2019.06.15(土)
朝 8:00~

おんがく交差点第166回ゲストは〈ピアノ王子〉牛田智大さん。
私が初めてお話したのは11歳くらいだったでしょうか。ちょっとおしゃまなかわいい少年でした。今年20歳を迎える19歳の牛田さんは10代最後のアルバムに、ショパン作品だけを取り上げました。その理由は?
小朝師匠に[恋バナ]まで持ちかけられて……。必見!
コラボはショパン作品で、ヴァイオリンの巨匠ミルシテインが編曲して有名な「ノクターン夜想曲第20番」小径は音楽の早熟ぶりに合わせて大天才モーツァルトの「ヴァイオリンソナタK.301より第2楽章」
ピアノはこちらも天才佐藤卓史さん。
どうぞお楽しみに。