メニュー 閉じる

〈児湯食鳥スペシャル〉〈宮崎日日新聞社主催〉モスクワフィルとの宮崎公演で、ツアー終了🎵🎵🎵

7月8日の宮崎で、名残惜しかったですが、ツァーは終わってしまいました~
直前まで雨でしたのに、またまた〈晴れ女〉の面目躍如…晴れましたよ~
宮崎メディキット、アイザック  スターンホール!! 審査に伺っている宮日コンクールもここです。モスクワフィルのメンバーたちは、初めてだそうで、代わる代わる記念写真を撮って「すばらしい響きのホールだね。」と大喜びでした。1300人ものたくさんのお客様!うれしかったです。
1曲めはモーツァルトのピアノコンチェルトを榎本  潤さんが美しく溌剌と奏で大喝采でした。 2曲めがチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルト。彼らとのリハーサル時にオーケストラのメンバーの方々が「あなたの音楽が大好きよ。一緒に弾くと楽しい。」と言って下さいました。バリバリ完璧に弾く方たちとたくさん共演しているでしょうに…と思いましたが、本番のたびに言って下さって、最後を弾ききったらなんとオーケストラのメンバーたちがステージでブラボーを叫んでいました。仲間から言われるのはなによりうれしいです❤ 
彼らの圧倒的なパワー!もうすごかったのなんの…後半のシンフォニー№5、ホール中が振動しているようでした。
すばらしい機会をいただいて、児湯食鳥さんや宮崎日日新聞社、たくさんの方々に広めていただいたみなさま、ほんとにありがとうございました❗

おんがく交差点 vol.67

OngakuKousaten&Logoおんがく交差点
BSジャパン(テレビ東京系列)
2017.07.12(水曜日)
23:30~

おんがく交差点第67回ゲストは、世界で活躍していらっしゃる、太鼓の林英哲さんです。
世界の中で、「日本」の魅力を高めて下さっているおひとりだと思います。演奏にはすごい体力も必要ですから、その鍛え方たるやまさにアスリート!感動しますよ。
コラボで、英哲さんの歌もめずらしいことに聴かせていただけます。心に(魂に)響くものです。
小径は外山雄三さんの「日本民謡による組曲」から第3楽章です。”和” ~ 日本の精神は大切にしたいですね。

モスクワフィル、東京芸術劇場

今日7月3日はモスクワフィル公演でした。
オーケストラの方々、巨匠シモノフさん、スタッフの方々の優しさに包まれてのプロコフィエフ、”なんてしあわせなんだろう! “と思いました。
それにしてもよく鳴るオーケストラです!大きいエンジンを搭載している感じです。
〈この世のものでない…〉雰囲気をもつこの作品を、私自身のソロの音が突き抜けるように響かせるために色々工夫しながら演奏しましたよ~。シモノフさん優し~い❤
お忙しいなかを聴きにいらして下さったみなさま、本当にありがとうございました❗

おんがく交差点 vol.66

OngakuKousaten&Logoおんがく交差点
BSジャパン(テレビ東京系列)
2017.07.05(水曜日)
23:30~

おんがく交差点第66回ゲストは、ヨーデルの北川桜さんです。
つい先日もスイスのヨーデルコンクールでまた優勝されて帰国されたばかりです。私の、モスクワフィルとのコンサートにいらして下さって、優勝のお話を伺いました。すごいですねえ!!
ヨーデル、聴いているとアルプスに声が響きわたる風景が目に浮かびますね。桜さんも私も民族衣裳で収録にのぞみました。
コラボは「ヨーデルと言えば……」あの曲です!
そして小径はエーデルワイスほかサウンドオブミュージックのメドレーです。楽しいですね~。
それからここが大切!ヨーデルの発声は、あるものにとても優れた効果があるそうですよ~。
ご覧いただいてのおたのしみに🎵

モスクワフィルとのツアー初日!


いよいよ始まりました!6月27日、ミューザ川崎から🎵
チャイコフスキーのコンチェルト、私がソロを弾き始める前の前奏が鳴り始めた時に、その豊かな響きに「わぁ‥ついにこの瞬間がきた! スケール大きな音楽に包まれてしあわせっ❤ 」と思いました。
弾ききった時のホール中の熱気、巨匠シモノフさんの優しい眼差し、オーケストラのみなさんの温かい拍手、共演させていただけてうれしかったです❗
でも始まったばかり。次は7月3日池袋の東京芸術劇場で、今度はプロコフィエフの№1です!
この日は上原彩子さんのピアノでショスタコービッチ、またチャイコフスキーの「悲愴」も。 
私も楽しみです😋😋😋

おんがく交差点編集中!


6月25日はテレビ〈おんがく交差点〉の編集に参加しました。
BSジャパン岩尾プロデューサーや制作の高木プロデューサーはじめいつもお世話になっているスタッフの方々と共有できるすばらしい時間です。
視聴者のみなさまに、より共感していただけるように音を吟味しました。
ゲストの方とのコラボ演奏は、それぞれの楽器の特性も生きるように…と編集してくださいます。
信頼する曽田さんが長時間携わって下さって感謝です。このようにして番組になっていきます。
たくさんの方々のお蔭で楽しい内容になっています。スタッフのみなさまに感謝

モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 

モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 
●出演●
大谷康子, violin
ユーリ・シモノフ, conductor
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
●会場●
ミューザ川崎シンフォニーホール
〒212-8557 神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎
●時間●
19:00 開演

●曲目●
チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー: 交響曲第5番

●チケット●
S席¥10,000 / A席¥8,000
B席¥6,000 / C席¥5,000 / P席¥3,000
※ミューザ友の会割引価格
S席¥9,000 / A席¥7,200

●チケット取扱●
ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎・イープラス
ローソンチケット
CNプレイガイド

●お問い合わせ●
コンサート・ドアーズ 03-3544-4577
ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200

●アクセス●
Click!

☞公式ページへ☜
時期によりリンク切れになる可能性があります

おんがく交差点 vol.65

OngakuKousaten&Logoおんがく交差点
BSジャパン(テレビ東京系列)
2017.06.28(水曜日)
23:30~

おんがく交差点第65回ゲストは、作曲家の三枝成彰さんです。三枝さんの美しいメロディーは心に沁みます。
また東日本大震災で被災されたこどもさんたちを支援するプロジェクトも立ち上げられて、私も少しでもお役に立てればと思い、参加させていただいています。
現在もオペラを作曲中!
番組ではその貴重なスコア(総譜……オーケストラ、歌すべてのパートが書かれています。)も見せてくださいましたよ!
コラボは代表作のひとつ「忠臣蔵」のアリア(オーケストラで何回も演奏させていただいて、そのたびに哀しく美しいメロディーに泣きました、、、)
小径は私が初めて「三枝成彰」さんのお名前をNHKのテレビドラマで拝見し、タイトル曲がずっと心に残っていた作品を今回「おんがく交差点」の制作スタッフの方に探し当てていただき、演奏しました。30年くらい探していた曲です。ぜひお聴きくださいね!

第12回ファミリーコンサート

石巻市民交響楽団
第12回ファミリーコンサート

●出演●

  • 石巻市民交響楽団
  • 佐々木克仁, conductor
  • 大谷康子, violin
  • 長谷川康, concertmaster
  • 古川混声合唱団,大崎市立古川中学校, chorus
●会場●
大崎市民会館
大崎市古川北町5-5-1
●時間●
2017.06.18(日)
14:00開演

●チケット●

  • 大人: ¥3,800(税込)
  • 小人(小・中・高校生)¥3,000(税込)
  • ※全席指定※当日券同額未就学児入場不可

●入場●

  • 全席自由
  • 一般: 1,000円
  • 高校生以下無料
    (要整理券: 美里町文化会館にて取り扱い有)

●プレイガイド●

  • 大崎市民会館, ソマキ
  • レコードショップセブンリオーネ古川店
  • ブックセンターササエ, サトー楽器

●主催●

  • 石巻市民交響楽団
  • 宮城オールトヨタ販売店グループ
  • トヨタ自動車東日本㈱
  • トヨタ自動車㈱

●お問い合わせ●

  • ℡ 080-3321-8241(足立)

☞公式ページへ☜
時期によりリンク切れになる可能性があります

宮崎日日新聞!(6/10)

6月10日の宮崎日日新聞に記事が大きく掲載されました!
ピアノの榎本さんと、7月8日のモスクワフィルハーモニーとのコンサートについてお話したものです。
こんなに大きく取り上げていただいてありがたいです。
どうぞ読んでみてくださいね。