メニュー 閉じる

鳥のシシリアーノ

鳥のシシリアーノ YOCD-01
①鳥のシシリアーノ
②白のハバネラ
③お魚のブルース
④黒のラフォリア
⑤落葉の舞
⑥雨のワルツ
⑦青のロマンス
⑧ひばりマーチ
⑨春のシャンソン
⑩春のエレジー

⑪なぎさのワルツ
⑫そよかぜの子守歌
⑬秋の紅
⑭春に
⑮風まわる
⑯燃える赤
⑰ばらのパヴァーヌ
⑱Gのギャロップ

四季

四季 YOCD-02
 (ヴァイオリン:大谷康子、指揮:秋山和慶、東京交響楽団弦楽合奏団)
四季(ヴィヴァルディ) 全楽章

夢のあとに

夢のあとに YOCD-03
 (ヴァイオリン:大谷康子、ハープ:篠崎史子)
①夢のあとに(フォーレ)
②美しきロスマリン(クライスラー)
③トセリのセレナーデ
④G線上のアリア(バッハ~ヴィルヘルミ)
⑤愛の挨拶(エルガー)
⑥きみがほしい(サティ)
⑦トロイメライ(シューマン)

⑧春の歌(メンデルスゾーン)
⑨タイスの瞑想曲(マスネ)
⑩チャルダッシュ(モンティ)
⑪亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)
⑫愛の夢第3番(リスト)
⑬踊る人形(ポルティーニ~クライスラー)
⑭思い出(ドルドラ)

椿姫ファンタジー

椿姫ファンタジー YOCD-04
①ああ、そはかの人か
②乾杯の歌
③プロヴァンスの海と陸
④花から花へ
⑤スペイン舞曲(グラナドス~クライスラー)
⑥スペインのセレナード(グラズノフ~クライスラー)
ルーマニア民族舞曲(バルトーク~セイケイ)
⑦杖を用いる踊り
⑧飾り帯をつけた踊り
⑨足踏み踊り
⑩ブチュム人の踊り
⑪ルーマニア風ポルカ
⑫早い踊り

⑬無窮動(ノヴァチェック)
⑭ハンガリー舞曲第5番(ブラームス)
⑮ツィガーヌ(ラヴェル)
⑯ジプシー奇想曲(クライスラー)
⑰ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)

中野稔 ヴァイオリンとピアノのための作品 第1集

中野稔
ヴァイオリンとピアノのための作品 第1集
YOCD-05
①ロンド
②即興曲-独奏ピアノ~亡き少女のために~
③ロマンス第1番
④幻想曲~無伴奏ヴァイオリンのための~
⑤バイア・デ・ロス・アンヘレスへの祈り ~亡き弟と研究者達に捧ぐ~

深紅(あか)のシャコンヌ

深紅(あか)のシャコンヌ YOCD-06
無伴奏ヴァイオリン曲の頂点に新たな生命を吹き込んだ名演!300歳の名器「ピエトロ・グヮルネリ」でお届けするヴァイオリン・ファンの必聴盤!!
J.S.Bach
Partita No. 2 in D minor, BWV 1004

  • Allemanda
  • Corrente
  • Sarabanda
  • Giga
  • Ciaccona

Sergei Sergeevich Prokofiev
Sonata for Solo Violin in D major, Op.115
(Sonata for Unaccompanied Violins in Unison)

  • Moderato
  • Andante dolce. Tema con variazioni
  • Con brio. Allegro precipitato

Fritz Kreisler
Recitativo and Scherzo Caprice Op.6

  • Recitativo
  • Scherzo Caprice

Georg Philipp Telemann TWV 40:14–25
12 Fantasias for Violin

  • No.1 in B-flat major: Largo, Allegro, Grave, Si replica l’allegro
  • No.5 in A major: Allegro, Presto, Allegro, Andante, Allegro

メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲 ラロ : スペイン交響曲

メンデルスゾーン : ヴァイオリン協奏曲
ラロ : スペイン交響曲
YOCD-07
東京交響楽団のソロ・コンサートマスター、また、ソリストとしても多彩な活動を続ける実力派ヴァイオリニスト、大谷康子が満を持してメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を初録音。大谷&大友&東響のベストコンビで贈る、二大ヴァイオリン・コンチェルト!
Felix Mendelssohn
Violin Concerto
in E minor, Op. 64

  • Allegro molto appassionato
  • Andante
  • Allegretto non troppo – Allegro molto vivaceVorspiel: Allegro moderato

Victor Antoine Édouard Lalo
Symphonie espagnole, Op. 21

  • Allegro non troppo
  • Scherzando: Allegro molto
  • Intermezzo: Allegretto non troppo
  • Andante
  • Rondo: Allegro

東日本大震災への国際救援に対する感謝のコンサート ~”ありがとう”を音楽に乗せて~

image_arigatou_japan東日本大震災への国際救援に対する感謝のコンサート
~”ありがとう”を音楽に乗せて~


image_photo_s_52 image_photo_s_53

image_photo_s_54
英語でのスピーチ
image_photo_s_56

image_photo_s_55
発起人の明石康国際文化会館理事長

image_photo_s_57
ルース米国大使、明石康国際文化会館理事長、私、藤井さん。

image_photo_s_58
ルース米国大使、在日米軍フィールド司令官ご夫妻。左が阿部孝夫川崎市長。

image_photo_s_59
近藤誠一文化庁長官のスピーチ

image_photo_s_60
在日米軍フィールド司令官
スリランカ大使ご夫妻

思い出の一コマ

image_photo_s_143歳時の写真


image_photo_m_09

2008年10月 巨匠キタエンコさんの熱い指揮のもとで再び演奏しました。
意気投合!!


image_photo_m_10

2009年1月14日 日本が世界に誇るエンターティナーの加山さんは、音楽も声もお人柄も素晴らしくて大感動でした。


image_photo_m_05情熱的な指揮者ルイゾッティさんと意気投合!
サントリーホールの楽屋で。


世界のヴァイオリン界の女王と言えるムター!ぽちゃっとしていた天才少女時代もなつかしいですが、今はモデルのように美しく、また子煩悩なお母さんでもあります。今回の日本ツアーの最終日にバッハのコンチェルトでご一緒させていただきました。短時間のオケ合わせでも、なさりたいことを明確に示して下さってさすがでした。ハッキリとしてすがすがしい性格の方でとても気持ちのよいリハーサルでした。本番ではステージで、その集中力、存在感からか大柄に見えますが、実は小柄でチャーミングな方です。私のことをドイツ語の発音で“ヤズーコ、ヤズーコ”と呼ばれてなかよく写真に入って下さいました。また来年も5月に日本でリサイタルの予定だそうです。


image_photo_m_04とても懐かしい写真。指揮者協会のパーティでのひとコマ。ソニー元社長、指揮者、東京フィルハーモニー交響楽団会長兼理事長、東京文化会館館長の大賀典雄さん、日本を代表する指揮者 外山雄三先生、私の所属する東京交響楽団の元楽団長で音楽界の重鎮 金山茂人さんと。私にとって人生の恩人のような存在の方々です。


image_photo_m_02大好きだった故羽田健太郎さんとのシリーズ。
羽田さんがベートーベン役、
私はその友人としてのコンサートでした。


image_photo_m_03私達のクヮルテット
クヮトロ・ピアチェーリです
Vla 百武由紀さん
Vl 斉藤真知亜さん
Vc 苅田雅治さん


image_photo_m_01アコーディオンの天才cobaさんと
新潟りゅうとぴあホールで。


image_photo_m_06世界的テノール歌手サバティーニさんと
サントリーホール楽屋で。


image_photo_m_08世界的な人気指揮者 ゲルギエフさんと
川崎のシンフォニーホールの楽屋で。


image_photo_s_30写真左から田尻さん、大谷康子、青島広志さん
西谷さん、ピーコさん、青木さん。


image_photo_m_84

飯森さん  私  平澤さん

私と飯森さんはかれこれ25年位のおつきあいになります。飯森さんはいつも爽やかで「気さくなおにいさん!」という面もありますが、今や存在感のある頼れるマエストロです。写真の私の右隣はフェイスの社長の平澤創さん。東響も応援してくださっています。


image_photo_m_85西村朗さん 私

お誕生会で一緒になった作曲家、西村朗さん。学生時代からダンディーで優しい先輩です。飯森さんリクエストの即興を聴いてくださった西村朗さんが、何と!!「僕が曲を書いてあげる。」と言ってくださいました。カンゲキ!! テーマは「母」です。どんな作品になるか本当に楽しみです。


image_photo_m_86先日から ウィニアフスキーのコンチェルト、メンデルスゾーンのコンチェルト と続けてお世話になった指揮者 曽我大介さんと。 オーケストラにいつも明るく明快な指示で、とても弾きやすくして下さいました。それにしてもやっぱり大きい!


image_photo_m_117この写真はサントリーホール大ホールのロビーに飾られているものです。お客様から教えていただいてびっくり!! 2014年7月12日にサントリーホールで外山雄三先生のコンチェルトを、先生の指揮で弾かせていただきました。サントリーホールがいい写真を撮って下さっていてうれしいです。


image_photo_m_118於三井住友しらかわホール(名古屋市) 大谷康子とシュトゥットガルト室内管弦楽団のメンバー。 大谷康子の向かって右側の女性がコンサートミストレスのミサンさん。


image_photo_m_119本番直前にステージ裏で和気藹々と。

image_photo_m_120左の方: ベネズエラご出身
右の方: チリご出身


image_photo_m_121名古屋のしらかわホールでゲネプロ中。

image_photo_m_122しらかわホールに着いてゲネプロです。
みんなで楽しく弾いています。

image_photo_m_123

image_photo_m_124


image_photo_m_129ヴィオラのもろさんこと諸橋健久さん、チェロのべーちゃんことベアンテ・ボーマンさんと久しぶりに会いました。相変わらずお元気で、パワフルで楽しい演奏でした。なつかしかったです!

おんがく交差点 vol.9

IMG_8599第9回ゲストは、ソプラノ歌手 高橋薫子さん。
艷のある美しい歌声に魅了されます!
コンサートでもご一緒する機会が多いですが、いつも自然体でさわやかなお人柄も素敵です。  

リヒャルト シュトラウスの「モルゲン!」私も大好きな、じーんとくる作品。
共演しています。皆様 ぜひ聴いてくださいね。