メニュー 閉じる

おんがく交差点 vol.285回 石塚まみさん

2021.09.25(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第285回ゲストはピアニスト&ヴォーカリスト石塚まみさん。
 石塚まみさんは実は以前も番組にいらしてくださっています。渡辺真知子さんの時、安井源之新さんの時。素敵なピアノを弾いてくださいました。
 渡辺さんのバンドマスターもされ、女優の中井貴惠さんとの朗読会では作曲も担当されています。
また素敵な歌も!多才ですね。
 3歳から始められたピアノは楽譜通りに弾くだけでなくて、自由に演奏することが好きだったそうで、これが今の石塚さんの原点ですね。
 20代で中学校の教師も経験なさって、生徒さんとの関わりで、大切な歌が生まれたそうです。人前で拍手をもらう喜びを知ったお話や恩師の教えや貴重なことをたくさん伺えますよ。
 小径は石塚さんのお好きな作曲家ドビュッシーの作品 小組曲より「小舟にて」佐藤卓史さんの美しいピアノと聴いてください。
 コラボはドビュッシー作曲「ゴリウォーグのケークウォーク」と石塚まみ作曲「風が待ってる」(作詞石塚まみ・TOMA・藤木和人)をメドレーで(編曲 石塚まみ)
 どうぞお楽しみください。

おんがく交差点 vol.284 菅原淳さん

2021.09.18(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第284回ゲストはティンパニ奏者菅原淳(すがはら・あつし)さん。
 読売日本交響楽団の首席ティンパニ奏者を38年務められ、あわせてソロでも活躍されています。
 ティンパニの特徴は音程がある打楽器という点です。ですから「ぞうさん」も演奏できるんですよ。
 足元のペダルの踏み幅を調整することで音程を変えられるんですね。
 菅原さんは子どもの頃マリンバを始められ、実はナント!おとなになるまでティンパニは嫌いだったそうです。
 ところが!運命を変えるコンサートが。ベルリン・フィルで首席指揮者を務めたチェリビダッケの来日公演。無理矢理ティンパニの演奏で参加させられてモーツァルトの「ジュピター」に感動!
 ティンパニをよくわかっているのはベートーベン…「第九」の第2楽章のヒミツ?菅原さんならでは…の貴重なお話も伺えますよ。
 小径は太鼓つながりで、クライスラー作曲「中国の太鼓」を佐藤卓史さんの軽快なピアノとお聴きくださいね。
 コラボはティンパニとヴァイオリンのために書かれた貴重な作品。ペダルやバチの転換にも注目してください!
 デイヴィッド・アヴシャロモフ作曲”Diversion for Timpani and Violin”
 とてもおもしろい作品です。ぜひお聴きください。

おんがく交差点 vol.283 なぎら健壱さん

2021.09.11(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第283回ゲストはフォークシンガーなぎら健壱さん。
 毎月のライブを40年以上も続けていらっしゃいます。
『およげ!たいやきくん』のB面『いっぽんでもニンジン』を歌われましたが、実は悲しいお話が…。色々あるんですね。
 ちょっとびっくりしたのは、子供の頃に憧れたのは、意外にも〈ウィーン少年合唱団〉入団したかったそうです。
 その後中学2年の時、エレキブームでベンチャーズに憧れたがエレキギターは高嶺の花。それで生ギターを購入して、教本を使って練習され、路線が変わったそう。
 小朝師匠が、名案を思いつかれ『あいみょんとのコラボ』を勧められました。さてなぎらさんは、何と答えられたでしょうか。
 おもしろいだけでなくて、色々なお話が伺えますよ。
 小径はなぎらさんのカントリーに合わせて、ジョン・デンバー作曲、石川芳編曲 「カントリー・ロード」佐藤卓史さんの素敵なピアノとお聴きください。
 コラボは作詞・作曲: カーター・ファミリー 訳詞: なぎら健壱, 萩森英明編曲「永遠の絆」
 ぜひお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.282 岡本侑也さん

2021.09.04(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第282回ゲストはチェロ回ゲストはチェロ界のホープ岡本侑也さん。
 2017年エリザベート王妃国際音楽コンクールで第2位を獲得した実力派です。ドイツで育ち、3歳からお母さまにピアノを習いましたが、反抗期でチェロに転向されたそうです。親子はなかなかむずかしいんですね。チェロは6歳の時で、決め手はチェロの先生が優しそうだったからだそうです。特にこどもさんには、やっぱり優しさは大切ですね。
 憧れは、近代チェロ奏法を確立したパブロ・カザルス。音色だけでなくて、見た目も美しい。自分の体に合った自然な弾き方をすると無理がないので、美しく見えます!
 コンクールでの、普通ならライバルと思える人にも岡本さんは嫉妬心もなく大切なつきあい方をしています。運命を変えた現代最高のピアニスト ツィメルマンとの貴重なお話も。東京芸大附属高校時代から飛び抜けた才能を私も感じていました。
 岡本さんのソロ、カザルスの「鳥の歌」を受けて 、小径はヴォーン・ウィリアムズ作曲「揚げひばり」を佐藤 卓史さんの美しいピアノとお聴きください。
 コラボは朝にふさわしい爽やかな作品。ベートーベン作曲ヘンマン編曲 「3つの二重奏曲第1番WoO.27-1第3楽章」
 ぜひお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.281 コラボレーション名曲集第29弾!

2021.08.28(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第281回はコラボレーション名曲集第29弾!
 今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
 ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

ギター界の新星: 朴葵姫(パク・キュヒ)さん
「ボルデル1900」
作曲: アストル・ピアソラ

フラメンコギターデュオ: 徳永兄弟
「REENCUENTRO/再会」
作曲: 徳永兄弟
編曲: 森川拓哉

武満徹が絶賛したギター: 鈴木大介さん
「ソナタ・コンチェルタータ」
作曲: パガニーニ

おんがく交差点 vol.280 ユッコ・ミラーさん

2021.08.21(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第280回ゲストはYouTubeでも人気のサックス奏者ユッコ・ミラー
ピンク色の髪が強烈です。
 3歳からピアノは練習していたものの、高校1年生までサックスという楽器があることは知らなかったそうですよ。吹奏楽部で初めてサックスを吹いた瞬間「人の声のような不思議な音色」の虜になったそうです。
渡辺貞夫さん、チャーリー・パーカーのサックスに憧れて1日11時間も練習していた……すごいですね。
路上ライブからプロになられたユッコさんの宝物は120円!?いいお話を伺えますよ。
 小径はサックスが活躍する作品をヴァイオリンで。ムソルグスキー作曲「展覧会の絵 第2曲 古城」 佐藤卓史さんの素敵なピアノと。
 コラボはユッコさんのアンコール定番曲を。スティーヴィー・ワンダー作曲 萩森 英明編曲 「Isn’t she lovely」ユッコとヤッコの共演をお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.279 Keikoさん

2021.08.14(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第279回ゲストはハワイアンシンガー・タヒチアンウクレレ奏者 Keikoさん。
 またまた初めての楽器!タヒチアンウクレレのボディは船を漕ぐオール型です。そしてサウンドホールはうしろにあります。
 ハワイのウクレレは以前も拝見しましたが、弦は4本でした。タヒチアンは倍!8本ですから音量も大きいです。そしてハワイアンより高い音程になります。
 私が一番びっくりしたのが弦です。ナント本物の釣り糸が使われています。それも『12キロの魚を釣る糸』が美しい音に最適なんですって!学生時代はロック少女だったKeikoさんがなぜハワイアンに?ほっこりするお話や、夏にぴったりの素敵な音楽。今はなかなか外国に行けない状況ですが、〈音〉〈音楽〉で旅に出ましょう!
 小径は映画「南太平洋」から「魅惑の宵」佐藤卓史さんの美しいピアノと。
 コラボは『波の音』を意味するタヒチの名曲を。ご主人神保滋さんの素敵なギターも加わってくださって「pahoho(パホホ)」作詞・作曲: Te Ava Piti 編曲: 森川拓哉
 私もタヒチにいるつもりでアタマにお花💐をつけて楽しく演奏させていただきました。ぜひ聴いてくださいね。

おんがく交差点 vol.278 寺原太郎さん

2021.08.07(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第278回ゲストはバーンスリー奏者、寺原太郎さん。
 バーンスリーとはインドの竹笛で、長〜い笛です。
 寺原さんはスーパー歌舞伎「ワンピース」や映画「るろうに剣心」などで挿入曲も演奏されています。
 バーンスリーは同じ竹笛の尺八とは決定的な違いがあり、インドの限られた地域だけに育つ〈特別な竹〉で作られている……という貴重なお話もありますよ。
 また演奏するのも『曲ではなくラーガ』ラーガとは?なかなか日本語では説明不可能?インドの朝は暗くて、夜は明るい?というお話もあり、不思議な世界です。
 小径はラヴィ・シャンカール作曲、採譜アレンジ 大沼弘基「プラバティ(朝)」
 コラボはタンブーラの寺原百合子さんも加わってくださって、「タラナ・ミヤーンキマルハール」雨季のラーガを森川拓哉編曲で。
 なかなか出会えない音楽の世界をお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.277 コラボレーション名曲集第28弾!

2021.07.31(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第277回はコラボレーション名曲集第28弾!
 今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
 ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

寺井尚子さん(ジャズ・ヴァイオリン)
「マイナー・スイング」
作曲: ジャンゴ・ラインハルト/ステファン・グラッペリ
編曲: 寺井尚子

大井貴司さん(ジャズ・ヴィブラフォン)
「ルパン三世’80」
作曲: 大野雄二
編曲: 大井貴司, 萩森英明

奥田弦さん(17歳のピアニスト)
「チャールダーシュ」
作曲: ヴィットーリオ・モンティ, 編曲: 奥田弦

おんがく交差点 vol.276 藤本隆宏さん

2021.07.24(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第276回ゲストは元オリンピック選手・ミュージカル俳優、藤本隆宏さん。
 番組初の元オリンピック選手!競泳でソウルとバルセロナに2大会連続で出場された後、劇団四季に入団。驚きました!
 大河ドラマや連続テレビ小説、数々の作品で拝見してきた俳優さん。オリンピックに出場するほどの実力、ミュージカルで歌もすばらしく、演技も!こんなすごい方がいらっしゃるなんて!
 劇団四季は4年で退団され、蜷川幸雄さんの元へ行かれました。
 オリンピックとミュージカルの舞台の共通点とは?大変貴重なお話を伺えますよ。
 小径は水泳競技にちなんで映画「ウォーターボーイズ」メインテーマ。大沼弘基さんの編曲、山田武彦さんのピアノで。
 コラボは藤本さんご出演のミュージカル「アニー」より「トゥモロー」萩森英明さんの編曲でお楽しみくださいね。