メニュー 閉じる

おんがく交差点 vol.252 イリーナ・メジューエワさん

おんがく交差点
BSテレ東
2021.02.06(土)
朝 8:00~

おんがく交差点第252回ゲストはピアニスト、イリーナ・メジューエワさん。

ロシア出身で現在京都にお住まいです。第4回エドゥアルド・フリプセ国際コンクールで優勝、ご結婚を気に日本に拠点を移されました。

コンサートで、ショパンの作品を演奏しない時でもショパン「エチュード 」だけは必ず弾かれるそうです。
実はショパン自身は、コンサートの前はバッハ「平均律」だけを弾いていたそうです。

尊敬するピアニスト・リヒテルの教え〈音楽は自分のものではない!〉を大切に、音楽に真摯に向き合っていらっしゃいます。

今回は特別に2曲コラボ。
モーツァルト作曲「ヴァイオリン・ソナタイ長調K.305より第1楽章」
ヨアヒム・ラフ作曲「カヴァティーナ」
すばらしいゲストとのひとときをお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.251 コラボレーション名曲集第25弾!

おんがく交差点
BSテレ東
2021.01.30(土)
朝 8:00~

おんがく交差点第251回はコラボレーション名曲集第25弾!
今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

許可(シュイ・クゥ)さん – スーパー二胡
「ノクターン」
作曲: アザラシヴィリ, 編曲: 許可

瀬木貴将さん – 南米の竹笛
「イルシオン」v
作曲: 瀬木貴将, 編曲: 佐藤卓史

原田節さん – オンド・マルトノ
「アラベスク第1番」
作曲: クロード・ドビュッシー, 編曲: 原田節

おんがく交差点 vol.250 仙道さおりさん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2021.01.23(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第250回ゲストはカホン奏者 仙道さおりさん。
 今回の楽器は「箱?」と思われる方!ペルーの打楽器「カホン」とはたしかに「箱」を意味するスペイン語なんです。
 1970年代にフラメンコ音楽に使われて広まりました。
 ほんとにただの「箱」に見えるでしょうが、第一人者の仙道さんの手にかかると多彩な楽しいリズムが刻まれます!さすが、5歳からドラムを学び、ハンドパーカッションに魅了された方ならでは。
 ご自宅にはカホンが30個も積み重なっているんですって!
 即興に小朝師匠も私も入れていただきました。仙道さんのスゴ技が。楽しいわ!自然に陽気になりますね。
 小径は楽器そのものが、題名になっている「エル・カホン」ジョニー・マンデル作曲 山田武彦さんの編曲、ピアノです。
 コラボはハロルド・ロボ/ニルティーニョ作曲 、萩森 英明さん編曲。素敵なピアノ山田武彦さんで「トリステーザ」
みなさまも陽気に楽しく聴いてくださいね。

おんがく交差点 vol.249 伊藤恵さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2021.01.16(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第249回ゲストはピアニスト伊藤恵さん。

 ザルツブルク留学中、恩師に「世界で最初の〈シューマン弾き〉になりなさい。」と言われ、シューマン作品を20年かけて全曲レコーディングされました。

 ミュンヘン国際音楽コンクールで、日本人初の優勝もしていらっしゃいます!

 恵さんが、最初にハマったのは、実はクララ・シューマン。ロベルト・シューマンの奥さんですね。

 ブラームスとこの夫妻、三角関係が噂されていますが、私はブラームスが大、大、大好きなのでこの話題に盛り上がりました。収録中を忘れて目が☆小朝師匠も置いてきぼりで”乙女のおしゃべり?!”に夢中になりました。

 恵さんはコロナの現状に思いを寄せて、ソロでロベルト・シューマン作曲「予言の鳥」

 小径、コラボとも恵さんと、シューマン夫妻の作品。 

 ロベルト・シューマン作曲「トロイメライ(夢)」

 クララ・シューマン作曲「3つのロマンスより第2番」

 シューマン、ブラームスに目が❤になって喋りまくった私たちの様子、熱い想いの演奏をぜひお聴きくださいね。

おんがく交差点 vol.248 本條秀太郎さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2021.01.09(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第248回ゲストは三味線演奏家、本條秀太郎さん。
 艶のある歌声と三味線の美しい音色が魅力です。
 新たな音楽・俚奏楽(りそうがく)を創始され、1971年に独立して、本條流の家元となられました。
 俚奏楽とは、民謡を題材に創った三味線音楽です。
 こどもの頃はギターが弾きたかったけれど、おうちに三味線がたくさんあったから三味線になっちゃったそうですよ。
 師匠に習った大切なことを話してくださいました!演奏技術ではありませんよ。
 さて今回の小径は、俚奏楽が沖縄民謡も奏でることから、萩森英明さん編曲で、お正月に合わせて  沖縄民謡「めでたい節」
 色彩豊かなピアノは山田武彦さん。そしてコラボは本條さんのオリジナル曲、本條秀太郎作曲 「砂の海」
 貴重なコラボとなりました。またぜひ演奏させていただきたいです。
 みなさまご覧くださいね。

おんがく交差点 vol.247 藤間蘭黄さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2021.01.02(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第247回ゲストは、日本舞踊家の藤間蘭黄さん。
 昨年秋の紫綬褒章を受賞され、日本舞踊をニホンブヨウにしたい!という夢で未来への希望を持っていらっしゃいます。
 世界に日本舞踊の感動を伝えていらして、私もウクライナでばったりお会いしたことがあります。
 人間国宝の祖母、藤間藤子さん。母 蘭景さんに師事され、普段の生活が大切…とのこと。
 女性の所作がホンモノ以上な蘭黄さんに、小朝師匠が「大谷さんに教えてあげてください。まるで男なんですから。」って。たしかに…。あ~あ、はずかし、はずかし。
 ゲストがお正月にぴったりのおめでたい曲にされましたので、小径もヨハン・シュトラウス2世作曲 「千夜一夜物語」
 コラボもおめでたく、フランツ・レハール作曲、編曲: 山田武彦、ワルツ「金と銀」
 山田武彦さんの美しいピアノとお聴きくださいね。

おんがく交差点 vol.246 コラボレーション名曲集第24弾!

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.12.26(土)
朝 8:00~

おんがく交差点第246回はコラボレーション名曲集第24弾!
今年ラスト!和楽器との貴重なコラボです!
新年は1月2日放送です!

常磐津文字兵衛さん
常磐津文字兵衛さんが三味線とヴァイオリンのために作ったオリジナル曲!

堅田喜三久さん
「Take Five」
作曲: ポール・デスモンド, 編曲: 村田陽一
●追悼●堅田喜三久さんは、12/17に亡くなられました。
心からご冥福をお祈りいたします。

川村旭芳さん
「残照の陣(おんがく交差点 特別バージョン)」
作曲/編曲: 木場大輔

おんがく交差点 vol.245 大萩康司さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.12.19(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第245回ゲストはギタリスト大萩康司さん。

 大萩さんはデビュー20周年。幼い頃にお母さまのギター演奏を聴いて始められたそうです。

 爪の削り方が大切なお話や、最高峰の使用楽器のこと、小学校4年生の時に学校の校内放送で「ギタリストになる」と宣言してしまって……。

 パリに留学中は専ら、歌を学んだ。今週は〈歌い上げるギター〉と〈歌うヴァイオリン〉

 大萩さんのソロ曲がヴィラ=ロボス作曲「前奏曲 第4番」でしたから、私も小径でヴィラ=ロボス作曲”improviso  No.7″山田武彦さんの美しいピアノとお聴きくださいね。

 コラボはアストル・ピアソラ作曲「タンゴの歴史より1930カフェ」

 朝の素敵な時間になると思います。ぜひお楽しみください!

おんがく交差点 vol.244 池田直樹さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.12.12(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第244回ゲストはバス・バリトン歌手、池田直樹さん。

 こどもの頃から喉を大切にする子供だったそうで、オペラ歌手になるべくしてなられた感があります。

 私は高校生の時、初めて池田さんのコンサートを聴いて、歌はもちろんのこと演技もすばらしくてそれ以来尊敬していました。久しぶりにご一緒できてうれしかったです。

 アイデアがまたとてつもなく豊富でいらして、独創性なコンサートを企画されて、お客様を喜ばせる達人です。

 写真のチラシは池田さん企画の、当時めずらしかったコンサート。35年くらい前です!

 コンサートマスターも務めていた稲庭達さん、荒井英治さん、私を組ませてくださったなつかしいコンサートです。収録時に池田さんがこの貴重なチラシを持ってきてくださいました。宝物です❤

 今年ならではの選曲、池田さんソロは山田耕筰メドレー、私のコーナー小径は古関裕而作曲「船頭可愛や」杉田良三編曲(採譜アレンジ大沼弘基)

 そしてコラボはなんと!生誕250年ベートーベン「第九」

 今年はコロナ禍でなかなか聴けません。それを山田武彦さんのすばらしい編曲とピアノでご堪能いただけますよ。ぜひぜひご覧くださいね。

おんがく交差点 vol.243 川村葵山さん

おんがく交差点
BSテレ東(旧BSジャパン)
2020.12.05(土)
朝 8:00~

 おんがく交差点第243回ゲストは尺八演奏家、川村葵山(かわむら・きざん)さん。都山流の大師範で、尺八をひろめる活動をしていらっしゃいます。 
 YouTubeでは流行歌を中心に様々なジャンルの音楽を演奏されています。 
 筝の演奏もする俳優の鈴木福くんとは和楽器一家の親戚同士だそうですよ。 
 尺八はお父様から教わりましたが、思ったように吹けず、楽器職人への鞍替えを決めました。ところがこれがターニングポイントとなりました。最終的な決め手も伺えますよ。 
 小径には、川村葵山さんが都山流ですから「都山流尺八本曲」をヴァイオリンで。素敵な作品なので演奏したくて、採譜アレンジを大沼弘基さんにお願いしました。 
 コラボは川村さんのご提案で、カッチーニ作曲「アヴェ・マリア」を萩森英明さん編曲で。山田武彦さんの美しいピアノと共にお聴きくださいね。