メニュー 閉じる

おんがく交差点 vol.310 桑原健一さん

2022.03.19(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 第310回ゲストはチャランゴ奏者、桑原健一さん。
 チャランゴとは、ボリビア🇧🇴発祥とされる南米の弦楽器です。
 チャランゴといえばアンデス地方のフォルクローレ「コンドルは飛んでいく」で有名ですね。
 元々はアルマジロの甲羅を使っていましたが、今は木をくり抜いて一刀彫りで作っているそうです。
 ウクレレに似て見えますが、チャランゴの弦はマンドリンと同じ、1コース2本の複弦です。
 桑原さんは本場ボリビアで10年にわたって活動されました。なんと!コツは『マンガの駆け足』ですって!何でしょうね?
 実は不登校がキッカケでチャランゴ奏者になられた……特徴のある髪型もボリビア🇧🇴発祥?
 小径にはボリビア🇧🇴の第2の国歌と言われる「我が祖国ボリビア」アポリナール・カマーチョ作曲 松本数将さんの楽しいピアノとお聴きくださいね。
 またコラボはアンデスの代表的なフォルクローレ、ボリビアの舞踊曲 エドムンド・サルディバル作曲「花祭り」
 ご覧いただいて楽しいひとときをお過ごしくださいね。

おんがく交差点 vol.309 ナターシャ・グジーさん

2022.03.12(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第309回ゲストはウクライナ🇺🇦の歌姫、バンドゥーラ奏者、ナターシャ・グジーさん。
 歌手でウクライナ🇺🇦の民族楽器バンドゥーラの演奏家でもいらっしゃいます。
 ナターシャさんはこどもの頃、チェルノブイリ原発事故で被爆さる避難生活を強いられました。その中で、「音楽」が心の支えだったそうです。
 1996年にこどもの音楽団のメンバーとして初来日、日本が大好きになり、「誰かの心の支えになりたい」と2000年から日本で活動されています。
 ご自分の体験を日本各地で伝えてきましたが、2011年3月11日、福島で同じ悲劇が起こりました。
 そして今ウクライナ🇺🇦は戦禍にみまわれています。「早く平和に戻りますように。」
 ナターシャさんは「鎮魂歌」を歌われ、私は小径でウクライナ民謡「ポーリャンカ」を松本和将さんの素敵なピアノで、踊っているつもりで元気に演奏します。
 コラボはナターシャさんの作詞・作曲「踊る娘」です。
 私もウクライナ🇺🇦とはご縁が深く、知人も多いので、なんとか対話で解決できないものか…と祈るばかりです。
 みなさまぜひご覧くださいね。

おんがく交差点 vol.306 黒坂黒太郎さん

2022.02.19(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

おんがく交差点第306回ゲストはコカリナ奏者黒坂黒太郎さん。
コカリナとはハンガリーの『桜の木のオカリナ』を黒坂さんが改良した木製の楽器です。
リコーダーと同じ演奏法で、指穴は6個です。まるで鳥の声のような音色で、鳥も間違えたりするそうですよ。

ソプラノからコントラバスまで、様々な種類のコカリナを実演してくださいますよ!

楽器との出会いは遅くて、45歳ですって!ハンガリーの作曲家コダーイの音楽がキッカケだそうです。

「長野オリンピックの木」「奇跡の一本松」「形見の盆栽」もみんな音楽を奏ではじめる!
「ヒロシマの被爆樹」の楽器で、平和への祈りを込めたオリジナル曲を披露されます。

くるみの木で作るコカリナもある…ので、小径はシューマン作曲「ミルテの花」より「くるみの木」美しいピアノは榎本潤さん。コラボはディニーク作曲、萩森英明編曲「ひばり」ほんとに鳥がさえずっているようですよ。
どうぞお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.305 西山まりえさん

2022.02.12(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第305回は古楽器の演奏家・西山まりえさん。今回『オルガネット』を演奏してくださいます。
 『オルガネット』は〈小さなオルガン〉というイタリア語ですから、教会にある大オルガンの先祖です。
 昔は教会の大オルガンも「ふいご」を人力で動かしていたので、[プロのふいご師]もいたそうです。
 今回も左手で「ふいご」をこいで、風圧をかけて音を鳴らします。そして右手の鍵盤で演奏されます。
 コンプレックスがキッカケで、古楽器との出会った!という意外なお話も飛び出します。「サイズがぴったり」とか?
 小径はゲストの楽器に合わせて、といっても発祥の時代に今のヴァイオリンは、まだないので、考えました!
 クライスラー作曲「クープランの様式によるルイ13世の歌とパヴァーヌ」バロックの様式で書かれています。
 そしてコラボは14世紀イタリア「喜びの始まり」(作者不詳) 今回私は〈バロック弓〉で演奏しますよ!典雅なピアノは榎本潤さんです。
 どうぞお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.304 島津 亜矢さん

2022.02.05()
8:00よりBSテレ東にて放送📺

 第304回ゲストは歌手、島津 亜矢さん。

 演歌歌手で、ジャンルを超越したシンガー。そのすばらしい歌唱力から『歌怪獣』と呼ばれています。

 お母さまの目のつけどころのすごかった!生まれた時の産声があまりに大きかったので、「この子を歌手にしよう!」と決めたそうです。

 お母さまの歌の指導が厳しくて、3歳でも「初めて聴く歌は詞も曲も15分で覚えろ!」ですって。それが、またできてしまうからすごいですね。

 こどもの頃から北島三郎さんに憧れて、発声練習はお風呂。歌がうまく聞こえる気がするからだそうです。

 小径はリリ・ブーランジェ作曲  「夜想曲」島津さんが、ソロのコーナーで、Ayase作詞・作曲「夜にかける」を歌われたのに合わせて、私も夜想曲にしました。素敵なピアノは榎本 潤さんです。そしてコラボはMISIAの大ヒット曲。「Everything」作詞: MISIA作曲松本俊編曲萩森英明。本当にうまくて、感動しました!

 みなさまもぜひお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.303 コラボレーション名曲集第33弾!

2022.01.29(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第303回はコラボレーション名曲集第33弾!
 今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
 ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

キルギス弦楽器コムズ; ウメトバエワ・カリマンさん
「マシュ・ボトイ」
作曲: オゴンバエフ・アタイ

ハーディングフェーレ; 野間友貴さん
「ファニトゥレン」
ノルウェー伝統曲

ハーディガーディ; 久野幹史さん
「忠実な羊飼い より第5番 ハ長調」
作曲: ニコラ・シェドヴィル
編曲: 萩森英明

(大谷スタッフ)

おんがく交差点 vol.302 砂川涼子さん

2022.01.22(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第302回ゲストはソプラノ砂川涼子さん。
 沖縄出身で日本を代表するプリマドンナのお1人です。
 小学3年生で、合唱部にスカウトされて、歌うことが楽しくて、『音楽の先生』に憧れたそうです。

 そして、音楽の先生を目指して大学に進んだものの、教育実習で挫折!教師の大変さを痛感。
 大学ではオペラにも出会い、一目惚れをして、大学院で初めてオペラの舞台を経験した時に、[拍手、歌うお芝居、衣裳、メイク]に魅了されたそうです。
 イタリア留学も、挫折はなく、むしろ修業を楽しめた!すばらしいですね。
師匠はスカラ座「蝶々夫人」でも名高い『世界的プリマドンナ』林 康子さん。私も何回もご一緒して圧倒的な存在感です。師匠から学んだこともお話してくださいますよ。
 小径は、砂川さんが留学されたイタリアにちなみ、レスピーギ作曲「5つの小品 作品62より第1曲 ロマンス」佐藤卓史さんの美しいピアノとお聴きくださいね。
 コラボは同じくイタリアの作曲家ヴィヴァルディ作曲 「カンタータ 『愛しい面影から遠く離れ』RV.680第2曲アリア」佐々木節夫さんの歌詞対訳でお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.301 Koji Koji Moheji

2022.01.15(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第301回ゲストは手回しオルガン奏者 Koji Koji Moheji
 手回しオルガンは16世紀頃にヨーロッパで誕生した楽器です。ハンドルを回して音を奏でます。
 穴の空いた『ブック』という楽譜!が特徴です。手作りで1曲作るのに100時間かかります。またドラムも鳴りますよ?
 使用楽器はフランス製で、今回は大小2種類の楽器を披露してくださいました。
 実はジャグリングの名手で、日本唯一のプロスペインバグパイプ奏者でもあり、世界大会でも優勝されたり……とにかく色々なことをなさっています。それは番組でのお楽しみに!
 小径必聴!ジョセフ・コズマ作曲(あの、有名な「枯葉」の作曲者)で、ナント!「手回しオルガン」という作品を見つけました。 採譜アレンジを大沼弘基さんにお願いして、佐藤卓史さんの素敵なピアノと演奏します。
 コラボはエリック・サティ作曲「あなたが欲しい」を萩森英明さん編曲、手回しオルガン編曲は小嶋佑樹さん(ゲスト)の編曲でお楽しみくださいね。

おんがく交差点 第300回❗️❗️

2022.01.08(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

1月8日❗おんがく交差点 第300回‼️
みなさま、ありがとうございます❤️

 300回記念のゲストはナント!『歌うヴァイオリン』大谷康子です。いつもは多彩なゲストの方のお相手を、楽しくさせていただいています。今回は「記念だから!ぜひ!」とおっしゃっていただいてありがたいことです。
 こどもの頃から(赤ちゃんくらいの時から)ひとが大好きだったこと……大学2年生の時、コンサートマスターに呼んでいただき、ソロと並行して活動が始まった……東京シティ・フィル首席コンサートマスター、東京交響楽団ソロ・コンサートマスターを務め……ソリストとしてのきっかけは大恩人……ほかに、普段自分からはお話しないことを小朝師匠に話されちゃって……あら、どうしましょう😆

 今回は私が3曲とも演奏させていただきます。
①300回にちなんで、ヴィヴァルディ作曲ヴァイオリン協奏曲作品9の10RV.300(放送回数に合わせて、リオム番号…作品整理番号300❗)振袖で演奏しています!
②ブラームス作曲 ヴァイオリン・ソナタ第2番 第1楽章
③リヒャルト・シュトラウス作曲 ヴァイオリン・ソナタ第3楽章
ピアノは、番組が始まった時から、すばらしい演奏をしてくださっている佐藤卓史さんです。
 みなさま、色々な話とともに演奏をお楽しみくださいね。
 これからもよろしくお願いいたします。

おんがく交差点第299回 藤本昭子さん

2022.01.01(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

おんがく交差点第299回
今回は、番組初の元旦放送です‼️
ゲストは地歌箏曲演奏家、藤本昭子さん。地歌ライブも長年続けられ、精力的に活動されています。
『地歌』は江戸時代に大阪・京都で生まれた『三味線の弾き歌いの音楽』

人間国宝の母・藤井久仁江さんと祖母・阿部桂子さんに師事され、数々の賞を受賞していらっしゃいます。
3歳から祖母の熱血指導で地歌のお稽古を始めた昭子さんですが、怒られてばかりで嫌だったそうです。でも一生懸命お稽古をしていると、なぜか好きになったとか…。

人間国宝のお母様も厳しかったけれど、最後に残した言葉に昭子さんは号泣!
厳しいお稽古と涙が大輪の花を咲かせたんですね。貴重なお話です。

今回お祖母様が最後まで大切にしていらした国宝級の三味線「金明」で、地歌の代表曲を演奏してくださいます。
小径は地歌と同じ時代にできた八橋検校作曲 「六段の調」を。
コラボは平和な御代が永遠に続くことを願った曲、作者不詳「尾上の松」です。
元旦に平和を願いながらの演奏をぜひお聴きくださいね。