メニュー 閉じる

🎍あけましておめでとうございます!🎍

 みなさま🎍あけましておめでとうございます!
 
 2024年 始まりましたね。いかがお過ごしでしょうか。 お元気に新年を迎えられたことと思います。

 今年こそ 平穏な世界に🌎なりますように!
 私は今年も大好きな❤️ヴァイオリン🎻で、あちこちに音楽をお届けします。

「音楽でみんな なかよく!」
を目標に活動していきますね。

 テレビ「おんがく交差点」(BSテレビ東京、BS7チャンネル土曜日朝8時)春には9年目に突入!
 すばらしいゲストの演奏、春風亭小朝師匠とのおしゃべり、ゲストと私のコラボ、お楽しみくださいね。

 まず、2月23日には、東京文化会館プラチナシリーズで、ピアノのメジューエワさんとのコンサートがあります。めずらしい作品や、D.オイストラフの来日公演、1967年に東京文化会館で演奏された作品も予定しています。みなさまと会場でお会いできたらうれしいです。

 東京近郊だけでなくて、四国、九州、名古屋、群馬、広島、、、色々予定していますので、お近くに伺いましたら、聴きにいらしてくださいね。

 みなさまも、お元気で楽しい年になりますように😊

 今年もよろしくお願いいたします。

 大谷康子

おんがく交差点 vol.411 小栗まち絵さん

2024.03.02(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第411回ゲストはヴァイオリニスト、小栗まち絵さん。
名ヴァイオリニストであり、また名指導者として名高い小栗さん。

 ヴァイオリンを始めたきっかけは銀行員でいらしたお父様?
小学1年生の時に小澤征爾さんの指揮で演奏されたそうです。すごいですね。

 中学1年生になるとオーケストラのコンサートミストレスに抜擢され、齋藤秀雄先生の指揮でも演奏。幼くして頭角を現していらしたんですね。

 でもオーケストラでは、指揮の通りに弾いているのに、なぜか自分だけ怒られて……おかしいなあ?その後、後ろが見えていなかった!ことに気づかれたそうです。
 そうなんです、、オーケストラは大所帯。コンマスは自分だけが、完璧に弾けたとしても、それだけでは務まらないんですね…。

 カルテットも大好きで活動されますが、知らないうちにメンバーに決められていたことがきっかけ?

 指導者として大切にされているのは「敬意!」だいじなことをおっしゃって下さいました!
 また小澤征爾さんの思い出、間近で見たマエストロ小澤征爾さんの凄さも語って下さいます。必聴!

 小栗さんのソロ、貴志康一作曲の美しい「竹取物語」を受けて、竹取とくれば月の光。
 小径はドビュッシー作曲 「月の光」(ヴァイオリン版)美しいピアノは榎本 潤さん。
 コラボはバッハの名曲。最も有名なオルガン曲「トッカータとフーガ」(ヴァイオリン二重奏版)よりお届けします。

 ぜひお聴き下さいね。

おんがく交差点 vol.410 コラボレーション名曲集第50弾

2024.02.24(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第410回はコラボレーション名曲集第50弾!
今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

チェロ界のホープ: 岡本侑也さん
「3つの二重奏曲第1番 WoO.27-1 第3楽章」
作曲: ベートーヴェン
編曲: ヘルマン

歌うチェロ: 長谷川陽子さん
ピアノ三重奏曲 アレグロ JS 27
作曲: シベリウス

ロシアのチェロ: ドミトリー・フェイギンさん
戦争と平和 作品91より「ワルツ」
作曲:プロコフィエフ
(大谷スタッフ)

おんがく交差点 vol.409 Yoyaさん

2024.02.17(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第409回ゲストはギリシャ伝統楽器ブズーキ奏者のYoya(ヨーヤ)さん。

 ブズーキはギリシャの国民に愛されている伝統的な弦楽器です。
 現代ギリシャ音楽の中心的な存在の撥弦楽器!

 胴体は木材を組み合わせた丸い形で、胴体の表には美しい螺鈿細工が施されています。
 弦はスチールで、同じ音が2本ずつある複弦になっています。ギターのように、2本ある弦を同時に弾くので、独特な音色です。

 Yoyaさんはブズーキに約20年前に出会い、その当時はギター演奏の経験もほとんどなかったとか。
 ところが、とある民族楽器店でブズーキを見て、なんと!音色を聴く前に一目惚れしちゃった!
 こんなことってあるんですね!
 この番組で初めてお会いする方の、すごいエピソードを伺えて、いつもびっくりしたり、世界が広がります。

 Yoyaさんのソロ、ギリシャ音楽レベティコを受けて、小径はギリシャ神話の〈オルフェウスとエウリディーチェ〉がテーマの作品です。
 グルック作曲「精霊の踊り」をクライスラー編曲版で。美しいピアノは佐藤卓史さんです。

 コラボは必聴!ギリシャが舞台の映画『日曜はダメよ』の、ブズーキを使ったテーマ曲。
 マノス・ハジダキス作曲、萩森英明編曲「ネバー・オン・サンデー(タペディアトウピレア)」共演は、maoさん。

 貴重な機会です。ぜひお聴きくださいね!

おんがく交差点 vol.408 孫シャオモンさん

2024.02.10(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第408回ゲストは中国笛子(ディズ)演奏家、孫シャオモン(スン・シャオモン)さん。

『笛子(ディズ)』は中国の伝統的な竹製の横笛です。

 笛子は、日本の雅楽の笛『龍笛』と似ていますが、中国特有の音色です。
 なぜ、中国特有の音色になるのか?その秘密は、日本の笛にはない『葦でできた薄い膜』が1枚あるからだそうです。専門的なお話も伺えますよ。

 今回は、日本の尺八の兄弟ともいわれる、竹製のなが~い中国縦笛『簫(しょう)』も紹介してくださいます!

 楽器を始めたきっかけは、古代ドラマ!幼い頃はなんと人間が苦手で、動物を集めたかった…?色々理由があるんですね。

 中国の伝統楽器を学ぶためなのに……?なぜか日本に留学されました。笛は狭い世界だから、日本にいらした?
色々お話くださいます。

 孫さんのソロは故郷の曲。小径は、中国の笛にまつわる、マーラー作曲「大地の歌 第3楽章 青春について より」
美しいピアノは榎本潤さん。
 コラボは孫さんも私もよく知っている作曲家の作品です。牟岐礼作曲、編曲「永遠の愛」
中国特有の響きをお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.407 金子美勇士さん

2024.02.03(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第407回ゲストはピアニスト金子三勇士(かねこ・みゆじ)さん。

 日本とハンガリー、2つのアイデンティティを持つ三勇士さん。
2歳でピアノと出会い、なんと!6歳でひとりハンガリーに留学。

 見た目のせいでイジメられてハンガリーに馴染めなかった?
でもその環境が音楽を極めるモチベーションになっていったそうです。

 大切なことを色々お話くださいましたよ。
 ハンガリーではなかなか楽譜は開かせません。なぜ?作品と向き合うアプローチが日本と正反対!

 はなやかなイメージの『ピアノの魔術師』リストですが、その素顔は、世のために色々なことを成したそうです。『本当のリスト像』に感銘を受けた三勇士さんはそれを伝えるべく、ご自身が『21世紀のリスト』になりたい!と強く語ります。

 私は三勇士さんが高校生の時出会い、「素直でしっかりした好青年(好少年?)だなあ…」と、注目してきました。

 今や大活躍!
 地に足のついた活動ぶり、演奏とともにすばらしいお話もぜひお聞きくださいね。

 コラボは2曲ともリストの作品です。
 まず「レメーニの結婚式のための祝婚曲 S129」
 そして「協奏的大二重奏曲 S128」

おんがく交差点 vol.406 コラボレーション名曲集第49弾

2024.01.27(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第406回はコラボレーション名曲集第49弾!
 今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
 ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

由紀さおりさん
「あなたにとって」
作詞・作曲 アンジェラ・アキ
編曲 萩森英明

芹洋子さん
「好きです かわさき 愛の街」
作詞 肥後義子
作曲 山本直純
編曲 萩森英明

春日宏美さん
「浅草オペラメドレー」
ベアトリ姐ちゃん〜おてくさんの歌〜桜咲く国
編曲 萩森英明

(大谷スタッフ)

おんがく交差点 vol.405 佐藤晴真さん

2024.01.20(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第405回ゲストはチェリスト佐藤晴真(はるま)さん。

 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で日本人初優勝された、25歳!新進気鋭のチェリストです。

私は晴真さんが高校生の時に、初めて聴いて、その高い音楽性に「えっ…本当に高校生?」と驚いた記憶があります。
ですからこの、ミュンヘン優勝も「さもありなん!」とうれしかったです。
ご本人は結果よりも満足いく演奏ができるかどうか…が大切!ですから「審査員わかってないな!」と思うこともあるそうですよ。審査員の先生方しっかりしてくださいよ😉

 留学したベルリンでは人の歩くスピードを観察していたそう?ブラームスの音楽につながっている?…ってどういうことでしょうね。
 大切なお話を伺えます。

 また使用している弓はワケあり?!自分のも持っているけれど、お借りした弓で演奏している理由とは?
 なかなか普段聞けないお話です。

 次々コンサートの晴真さんですが、本番直前はイメージトレーニングばかりだそうです。
 やはり想像力の豊かさが大切!それは語彙の多さにつながると考えて、短歌を読み始めたそうです。音楽と意外な共通点があったから!だそうです。

今回はすべてのコーナー、没後100年のフォーレの作品をみなさまに聴いていただくことになりました。
晴真さんソロは「エレジー」小径は「子守歌」コラボは「ピアノトリオ Op.120第1楽章より」
すばらしいピアノは佐藤卓史さんです。W佐藤!
お楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.404 古謝美佐子さん

2024.01.13(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第404回ゲストは、沖縄民謡歌手 古謝美佐子さん。

 沖縄を代表する新しい子守歌の作詞を担当されています。
 歌の原点は「沖縄芝居」?役者さんより先にセリフを言ってしまって……劇団の人に怒られた?
 なかなか聞けないお話ですね。

 小さい時から歌が大好き!でもお母さんは歌うことに大反対だったそうで、9歳でのデビューも嫌々納得された…とか。
 でも、今大歌手になられたのは、やはり「好きこそ、物の上手なれ!」ですね。

 またまたすごいお話が飛び出します。
 映画『ラストエンペラー』の音楽で有名な「坂本龍一さん」との出会いとは……。

 どのフレーズから歌い出したらいいか、わからなくて、坂本龍一さん自身が合図を出して下さってレコーディングとなった…。

 坂本さんは生き続けている!
 亡くなってしまったけど、どこかにいるような気がする……?
 強い絆でいらしたんですね。

 古謝さんのソロは平和への願いが込められた歌!
 小径は沖縄民謡。普久原恒勇作曲 萩森英明編曲 「やっちー」(やっちー…とはお兄ちゃんの意味)
 佐藤卓史さんの温かいピアノの音でお聴きくださいね。

 コラボは古謝さんが作詞をして、沖縄を代表する新しい子守歌としてブームを読んでいる曲。多くの歌手から愛されています!

 佐原一哉作曲「童神」
 佐原一哉さんご自身のキーボードと演奏させていただき、感動でした。
 みなさま、ゆっくりお聴きくださいね。

おんがく交差点 vol.403 一中節宗家十二世都一中さん

2024.01.06(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第403回ゲストは[一中節宗家]十二世都一中さん。

 江戸時代に一世を風靡した一中節(いっちゅうぶし)演奏家の十二世都一中さん。

 一中節は京都で生まれて江戸に伝わり、お家元は、歴代『都一中』を名乗っていらして、現在初代から数えて十二代目!
 由緒あるお家柄です。現代に伝わる常磐津節の元となった三味線音楽です。

 江戸時代の上流階級の家には一中節の稽古本が当たり前にあった!
 どうしてでしょうか?貴重なお話を伺えますよ。

 一中節は健康に良くて、それは呼吸法にあるんです。呼吸法の先生がお弟子さんになったとか、、

 修業中の大切なお話もしてくださいます。必見!

 ゲストソロは初代宗家の「辰巳の四季」
 小径は、この初代宗家と同年代に生まれた作曲家、コレルリの作品「ラ・フォリアより」
 佐藤卓史さんの品格あるピアノでお聴きください。
 コラボは、指揮者を夢見ていた宗家と、一中節のお正月定番曲です。
 五世都一中作, 大沼弘基 採譜アレンジ「松襲」
 初春にふさわしい名曲の〈浄瑠璃〉を私のヴァイオリンで表現させていただきます。

🎍お正月から、このような日本の伝統曲に、ヴァイオリンで加わらせていただけて、とてもしあわせな内容となりました。

 今年も〈大好きなヴァイオリン〉で、色々チャレンジしてまいります。
 毎週の放送をどうぞお楽しみになさってくださいね。
 今年も「おんがく交差点」をよろしくお願いいたします。

 大谷康子