メニュー 閉じる

おんがく交差点 vol.332 佐藤ぶん太さん

2022.08.20土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

おんがく交差点第332回ゲストは津軽笛奏者、佐藤ぶん太さん。
2019年、日本の横笛メインで史上初のNYカーネギーホール公演を成功させた方です。

今回の楽器は、青森・津軽のお祭りの横笛!
祭り囃子の盛んな青森県の横笛最高峰、登山囃子コンテスト最上位クラスで6回も優勝されています!
津軽笛は青森伝統の横笛で、津軽の祭事「ねぶた祭」や「お山参詣」などに使われます。

津軽笛はマーライオンで語るのがコツ…?プロになるキッカケは勘違い?
最高峰の大会で6回優勝したのに師匠に叱られた!?
えーっ?というような貴重なお話、たくさん伺えます。

小径は、青森…といえば?パッと思い浮かぶ曲です。美空ひばりさんの「りんご追分」
ひばりさんの歌い方を思い出して、ヴァイオリンで成り切ってみました。美しく支えてくださったピアノは山中惇史さん。

コラボは津軽の伝統曲「お山参詣登山囃子」萩森英明さん編曲
伝統的なお祭りをお楽しみくださいね。

おんがく交差点 vol.331 ドミトリー・フェイギンさん

2022.08.13(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

 おんがく交差点第331回ゲストはチェリスト ドミトリー・フェイギンさん。今回は〈平和への祈り〉の回でもあります。
 フェイギンさんはモスクワ出身、ご両親も有名なチェリストです。お祖父さま、お父さまは🇺🇦ウクライナの第2の都市、ハリコフ出身!お母さまはグルジア出身。
 1991年にデビュー、その年、第1回ショスタコーヴィチ国際室内楽コンクールで優勝。1993年に初来日、2003年からは東京音楽大学で、教鞭を執っていらっしゃいます。
 生まれる前、お母さまのお腹の中で、チェリストのお母さまが演奏する「ある曲」の時だけ、暴れた!どうしてかな?番組を観てのおたのしみ!
 東京音楽大学の教授になって学生たちより成長した!…と思ったら、学生たちにも世界的な変化が…?貴重なお話、ぜひお聞きくださいね。
 小径は、フェイギンさんのお祖父さま、お父さまの故郷、🇺🇦ウクライナの作曲家グリエールの「ロマンス作品3」山中惇史さんの美しいピアノと聴いてください。
 コラボはプロコフィエフ(🇺🇦ウクライナのドネツク州生まれ。)作曲「戦争と平和 作品91」より「ワルツ」編曲ベコヴァシスターズ
 〈音楽のちから〉で世界がなかよくできることを願います。

おんがく交差点 vol.330 金城弘美さん

2022.08.05(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送

おんがく交差点第330回ゲストは[八重山民謡歌手]金城弘美(きんじょう・ひろみ)さん。
金城さんは17歳で八重山古典民謡最優秀賞を受賞されました。
八重山民謡は、沖縄民謡とは違い、神に捧げる歌から始まった土着的な労働歌です。
沖縄の三線は竿が短くて、胴体はニシキヘビの皮が張られていますが、調弦は三味線と同じです。
金城さんは幼い頃、わらべ歌や、祖父の「金銀の扇子の柔軟体操の曲」を聴いて育ち、悪いことをすると、「♪みみちりぼーじぬたっちょんど~」?沖縄のわらべ歌は怖い?
今年は沖縄本土復帰50周年ですから、小径は萩森英明さん作曲「沖縄交響歳時記」…… 沖縄の四季が描かれた大作です。琉球交響楽団の演奏で感激したこの作品から抜粋して、ヴァイオリンとピアノに萩森さんご自身に編曲していただき、佐藤卓史さんの美しいピアノと弾かせていただきました。
コラボは〈八重山のブルース〉といわれる八重山民謡「とぅばらーま」(編曲: 萩森英明) 小林紀子さんのすばらしい笛とともにお聴きくださいね。

おんがく交差点 vol.329 コラボレーション名曲集第36弾!

2022.07.30(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第329回はコラボレーション名曲集第35弾!
 今回も豪華なゲストと大谷康子さんのコラボレーションをお楽しみください。
 ほかではなかなか聴けない貴重なコラボです!

ペルシアの打弦楽器サントゥール: 岩崎和音さん
「キャラバンサライ」
作曲: 喜多郎
編曲: 萩森英明

アラブ楽器の王様ウード: 常味裕司さん
「ダーリジ・ヒジャーズ」
ムアッシャハー(宮廷歌曲) 
編曲: 萩森英明

ケニア伝統太鼓ンゴマ: 大西匡哉さん
「Mali ya Mungu~すべての命はたからもの~」
作詞・作曲: 大西匡哉 
編曲: 萩森英明
(大谷スタッフ)

3/4 日経新聞

日経新聞におんがく交差点の番組広告が掲載されました📰

おんがく交差点 vol.308 小林愛実さん

2022.03.05(土)朝8:00より
BSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第308回ゲストはピアニスト小林愛実さん。
 昨年10月、第18回ショパン国際ピアノコンクール第4位入賞され、話題となりました。
 ショパンコンクールとあって、そのウラ話を根掘り、葉掘り、小朝師匠が訊いてくださいます。
 予選は緊張したけれど、ファイナルは休んでいた?とか。意外なお話を伺えます。
 ショパンコンクールには2015年に20歳で初出場され、日本人で唯一ファイナルに進まれました。実はショパンコンクールでピアノをやめるつもりだった…という衝撃的なお話が飛び出します。
 3歳からピアノを始めて幼い頃から頭角を表して、順風満帆だった…のに18歳から20歳の頃はピアノが弾けなくなったそうです。どうしてだったのか、お話してくださいます。
 今回は小林さんのソロ、ショパンのワルツのあと、小林さんと私は2曲共演します。
 まずコラボ1曲めは〈ノクターン〉という形式を作り、ショパンにも影響を与えたジョン・フィールド作曲、ヘルマン編曲「ノクターン第5番」
 コラボ2曲めはショパン作曲、イザイ編曲「バラード第1番  op.23」
 話題のピアニスト、若い感性で、また悩みなども忌憚なくお話されます。ぜひご覧くださいね。
 

おんがく交差点 vol.307 大山大輔さん

2022.02.26(土)
朝8:00よりBSテレ東にて放送📺

 おんがく交差点第307回ゲストはバリトン歌手 大山大輔さん。
 独自性の強いオペラで主役として、存在感を示していらっしゃいます。
 このコロナ禍、お仕事がない時の過ごし方がユニークでタメになりますよ。「ハミングとガラガラ」をしていらした!これが実は声に良いとか!
 ミュージカルとオペラの違い…とか、カンボジアにオペラを提供されたり、ベトナムでは演出家として公演されているお話もしてくださいます。
 手塚治虫原作・宮川彬良作曲の歌劇「ブラック・ジャック」で和製オペラに目覚めて、夢は日本版オペラを海外に!
 大山さんのソロ『魔王』にちなみ、私は1726年の大天使ミカエルの祝日用に書かれたカンタータの一つ、バッハ作曲カ ンタータ第19番『いさかいは起これり』BWV19より「アリア」美しいピアノは榎本潤さん。
 コラボはヴァイオリニスト作曲のめずらしい作品。ヴァイオリンも活躍します。
 ルイ・シュポーア作曲『6つのドイツの歌 作品154』より「第4曲 魔王」
 貴重なお話、めずらしい作品、どうぞお楽しみくださいね。

🎫チケット情報📣

❗️残席僅少❗️

2022.01.30(日) 音楽の友ホール
イギリスヴァイオリン音楽の系譜🇬🇧
おかげさまでこちらの公演のチケットが
残りわずかとなりました🎫
お席のご確認はお早めに…👀🌟
是非聞きにいらしてください🎻

📻NHK-FMクラシックカフェ🎻

NHK-FM クラシックカフェにて
ベートーベンのヴァイオリンソナタ第5番 Op.24″春”を取り上げていただきました🙌
イタマール・ゴランさんとの共演です🎻🎹