メニュー 閉じる

12月27日 第20回うまいもの会 大野 剛義さま主催

 12月27日 大野さま主催の 楽しいうまいもの会にまたお招きいただきました。会場の六本木ヒルズクラブへのエレベーターで、大女優御夫妻や政財界の錚々たる方々とご一緒になり、きょときょとしていたら「今日も演奏してくださるの? テレビ [おんがく交差点 ]観てますよー」って。 大野さんがいつも弾かせてくださるから ありがたいですね。
恒例の 春風亭 小朝師匠の落語、さすがのさすが!みなさんが唸ったり大笑い。だれも真似できないうまさです。その前に お神楽もあり、ニュースペーパーさんの時事ネタもおもしろかったです。ほんとにトランプ大統領が入ってきたのか?と思いました。
 小泉 純一郎元総理大臣ご本人の目の前で 小泉さんに成り切って演じて、大いに湧かせていました。
 大野さんは人生の達人。奥様を大切に [ふたり道]という歌 まで作られて熱唱され、感動でした。
 私も音楽人生 楽しんで 進んで行きます!

12月26日 若い音楽家のコンサート

12月26日 頼もしい青年たちのコンサートを観賞、応援に行きました。
作曲家 大沼 弘基さんの作品を ヴァイオリン迫田 圭さん、飯島 哲蔵さんたちが演奏しました。大沼さんのピアノトリオは素敵な曲ですが、ピアノの難易度が高そう。本業はフルートなのにピアノが難しくてもなんなく弾けてしまう 斎藤さんがすばらしい演奏をされました! 弦のふたりは学生時代からよく知っています。元々テクニックもあり優秀でしたが、大沼さんとのトリオ シャレた小品での聴かせ方、 変化に富む表現で楽しませてくださって、そのすごい成長ぶりに感動、頼もしく思いました。
最近は [内容]より、[売れればなんでもいい。]という困った風潮があります。彼らの演奏のように、作品に真摯に向き合う人たちを応援したいと思いました。

12月24日 メリークリスマス🎄🎅🎁

12月24日 クリスマスはやはりうきうきうれしいものです。街中 美しい飾りでいっぱい。来年以降の取り組みを考える、新しい出会いがあり、これこそサンタ🎅さんからのプレゼントだなあと思いました。
デパートの飾りも、宇宙を目指すサンタ🎅さん。時代ですね。大変めずらしい 白いポインセチアや美しい赤のシクラメン もいただき、たくさんの方々に見ていただけるところに置きました。みなさま 素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

12月21日 ファンクラブの集まり🎻感謝!

 12月21日 土曜日 代官山のおいしいレストラン[リュウドレギュウム]で ファンクラブの方が集まってくださいました。今年は私がなかなか日程を提案できず、暮も押し詰まってのご案内となってしまいましたのに、お忙しい中いらしてくださり、感謝、感謝❤️ 土井会長 杉谷事務局長 そして三上前事務局長は札幌からお越しくださいました。レストランのシェフやスタッフの方々もご親切で、おいしかったです。お料理の間、間に全員の方からお話を伺うことができて、あらためて「温かい方々に支えていただけて私はなんてしあわせなんだろう。」とありがたく思いました。
 それから今回最年少の真由子ちゃん 3歳 が入会され参加してくれました。お兄ちゃんの晴翔くんも一緒です。 今年の こどもの日のコンサートから何回も聴きに来てくださっているかわいい親衛隊。会のあと、東京音大キャンパスが目の前ですので、新しいオシャレな校舎の、レッスン室や図書室、食堂などもご案内しました。
 これからも 聴く方の心のひだに届くように演奏していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

12月20日 東京芸術劇場 キエフ国立フィルとの 四季と第九

12月20日 キエフ国立フィルとの東京公演でした。 ほんとにわずかの間に 完売! したそうで、ホール中 満員。たくさんいらしてくださってありがとうございました。やる気も出ます。 オケとはすでに15日に宮崎で四季をご一緒してきましたので、さらに自由になり、ホールの響きで少し装飾音を多くしたり、楽しみました。 榎本 潤さんがすばらしくチェンバロを弾いてくださいました。今回はめずらしく 白色のドレス。 第1ヴァイオリンの、美しいイヴァンナさんとも写真を撮りました。
次は大晦日、大阪のザ・シンフォニーホールでご一緒します。

12月15日 ~児湯食鳥スペシャルコンサート~ 宮崎メディキット 県立劇場で。四季と第九キエフ国立フィル来日公演

 12月15日 来日したキエフ国立フィルとの、日本での公演、まず 1回めが終わりました。すばらしいマエストロ ミコラ•ジャジューラさんとオーケストラとは何の不安やストレスもなく演奏できます。
 ステージに出て行ったら、一番前の席の方々が「おおたに さあん!」って。びっくりしたけどうれしかったです。四季の春と冬 チェンバロは榎本 潤さん。榎本さんは第九で、今回の公演のために宮崎ジュニア合唱団を特別に組織され、小学 1年生6歳 2人を含む、小学生は全部で11人、中学生、高校生中心の合唱団をもちろんドイツ語、暗譜で見事に指導され、大きな感動を呼び起こしました。
 ソリスト 4人の内、唯一の日本人 ソプラノの森山由美子さんもよく通る歌声で喝采を浴びていました。 こどもだからって あなどってはいけない証明になりましたね。
 こどもたちに一生残る感動をさせてあげたい!と企画提案された伊藤さん、すごい指導力の榎本先生と、先生を支える藍原さんのおチカラ、責任感、合唱指導の先生方、サポートしてくださる児湯食鳥さん、またCMなど協力いただいた主催のMRT宮崎放送の皆様 、実行委員会。
 宮崎から、奇跡を発信できましたね。私も演奏で参加できてしあわせでした。ありがとうございました。
 終わってからマエストロたちとの打ち上げ、またMRTさん、榎本さんたちとの打ち上げ、余韻にひたりました。
 そして翌日 富士山を眼下の雲から拝み、羽田に。また忙しい東京。さあ、大学へ。学生さんが待っています!

12月14日 またまた[グリル 爛漫]に。

 12月14日 リハーサル後 夕食はどうしようかなと思い、昨夜とてもおいしかったので、またまた 爛漫 に伺いました。ガッツリ系に人気のAセット!名物チキン南蛮と豚生姜焼きのセットです。グリーンサラダもごはんもおいしかったです。大満足。これで明日の本番もガッツ。
 ホテルに歩いて帰っていたら 大変ご尽力いただいているMRT宮崎放送の青木さんにばったり。今日のリハーサルにもずっとついてくださり、温かい応援をしてくださっています。
 街中のイルミネーションもかわいくて、おとぎの国にいるみたい。

12月14日 四季と第九 いよいよリハーサル

 12月14日 マエストロ ミコラ・ジャジューラ さんとキエフのみなさんと再会。今回はわずか3週間でまた共演できる。オケの方々にもすっかりお馴染みになって、やあ!って感じに接してくださいます。
 第九 の合唱は榎本 潤さんご指導の宮崎ジュニア。いつも指導されている川南のこどもさんたちを核に小学1年生も2人。小学生だけで11名います。
 こどもが中心なのにさすが榎本さんのご指導の賜物です。大人のアマチュアの方々よりよほど音程もピシッと決まってすばらしいです。徹底して、でも温かく指導されたに違いありません。聴いていてまだ本番ではないのに、涙が出ました。
 ソリスト、ウクライナ🇺🇦からの方もいい声でしたが、唯一の日本人ソプラノの森山由美子さん、よく響く歌声で素敵でした。
 そして私の番。四季。やりたいことをマエストロもオケもすぐに受けてくださるから弾きやすいのなんの。 明日の本番が楽しみ。
 リハーサル会場の川南トロントロンの表に出ると、イルミネーションの美しいこと。ドラえもんもいました。夢があって、いいですねえ。

12月13日 宮崎はやっぱりいいなあ!グリル 爛漫

 12月13日(金) 15日宮崎でキエフ国立フィルとのコンサートです。
 「四季と第九」今回は間わずか2週間でまたキエフのオーケストラの方々と会えるんです😊うれしい!
 今日宮崎入り、打ち合わせの後 夕食の場所を探して商店街をウロウロ。ピンとくるお店を見つけました。洋食屋 [グリル 爛漫] お店の外でも惹かれる雰囲気がありました。
 味を大切に丁寧に作る、お店に入ってすぐにわかりました。マスターは昭和40年代に 老舗「おぐら」で今や宮崎名物のチキン南蛮を生み出した方だったんです。
 チキン南蛮のタルタルソースもステーキのデミグラスソースも、サラダのドレッシングも、キャベツの切り方ひとつとっても、食材やお客に優しい、まごころがこもっていておいしくておいしくて。しあわせ。食べたあと、みんなが笑顔になる。いいですねえ。音楽もそうでなくては!マスターとお2人のご子息。一緒にパチリ😘また絶対に伺います!
 ホテルに帰ろうと歩いていると、コーヒーのおいしそうなお店 輪’zを見つけました。ブラジルとモンブラン。コーヒーがたっぷりとポットできました。 気持ちに余裕がある感じで、やっぱり宮崎はいいですねえ。

2019.12.7 OA おんがく交差点


2019.12.7 OA おんがく交差点
【池末信・人のために歌う音楽『ゴスペル』!】

♪1 「アヴェ・マリア」
♪2 「Now behold the lamb」